File:01

糖尿病性腎症

女性 / 77歳

糖尿病性腎症は、糖尿病の3大合併症の1つ。現在では透析療法を受ける原因疾患の第1位を占めています。糖尿病で血糖の高い状態が10年以上も続くと、徐々に全身の動脈硬化が進行し始め、蛋白尿が現れ、やがてネフローゼ症候群等を経て、慢性腎不全へと悪化してくるのが典型的な経過です。

生活環境 生活状況
夫婦2人の高齢者世帯。
近くに娘様がお住まいで頻繁にご訪問されている。
要介護5。毎週月〜日曜日はデイサービスを利用。
食事:朝食はご主人が決まったメニューを用意。昼食はデイサービスで食事。週末の夕食は娘様がご用意。認知が進んだとは言え、ご自身は糖尿病の自覚あり。退院後は間食しないという強い意志を持っておられる。
ご利用の経緯
以前は血糖コントロール良好だったが認知症が進み、服薬ができず、検査も受けなくなり病状が悪化。認知が進んでいることに周囲が気づかず、病状悪化の発見が遅れた。認知症に気づいた娘様が同伴し通院、血糖コントロール不良と腎機能低下を指摘され、ご入院される。
退院後の自炊は困難なため、近くに住む娘様が週末の食事の用意をし、平日の夕食に配食を利用したいとのご希望。昼食はデイサービスで食事をするため、配布される献立表から娘様が、エネルギー・蛋白質・塩分量を事前に把握し、調整されることに。その際の娘様の食事作りに関するフォローもさせていただく。

ご利用の食種:塩分・淡白室調整食(1400kcal/塩分5g)|配食ご利用状況:昼食無し/夕食:月〜日


管理栄養士からのアドバイス
大都が担当しました
糖尿病に関する知識のあった娘様に糖尿病性腎症の食事療養についてのポイントを伝えました。
週末に用意される食事は、はーと&はあとの食事を参考にしてご用意していただくことにしました。
  ご主人の調理可能な範囲で朝食の献立をご提案。
まず現状の朝食が、主食を食パン6枚切り半分(DM交換表1単位程度)に抑えておりエネルギー不足気味。
また、ヨーグルト・豆腐・高野豆腐・煮豆を摂っており、蛋白質過剰傾向と判断。
これからは、必要エネルギーの確保と、蛋白質制限・塩分制限への移行を伝え、朝食はご飯120g程度、野菜の味噌汁、野菜の炒め物あるいは温野菜サラダ(マヨネーズ使用)にするようアドバイスしました。

血液検査の変化(6ヵ月間)
血液値は利用者様からの申告によるものです
ご利用後の変化
退院時の指示は1200kcal、蛋白質35g塩分5g以下だったため、デイサービスの献立内容と栄養価を確認し、主食と主菜で調整してもらいました。腰部圧迫骨折もあり、活動量も低かったのですが、5月頃には治癒し、デイサービスの頻度が週7日→5日に変更。また検査結果が落ち着いたことから血液検査の頻度が2カ月に1回になりました。しかし、その後体重の減少がみられ、と同時にクレアチニン値が上がったため、エネルギー不足と判断。デイサービスの食事も全量摂取してもらいました。また朝食にマヨネーズや炒め物を用意するよう、間食にはゼリーなどの摂取を勧めました。同時にご家族に主治医へ指示確認を依頼し、1650kcalへ変更になり、配食の食事も変更。その後体重も戻り、腎機能も維持されています。
File:02

糖尿病/脂質異常症

女性 / 60歳

糖尿病とは、糖質(血糖)を調整するインスリンというホルモンが不足したり、作用が不十分なために常に血糖が高い状態となっている病気です。自覚症状に乏しく、重篤な合併症を引き起こす特徴があります。
脂質異常症とは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が、多過ぎる病気のことです。放っておくと、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気が引き起こされることになります。

生活環境 生活状況
家族と同居 仕事で、夜中パソコンにむかう事も多く、睡眠不足で日中の活動量が低下傾向。間食は元々そんなに多くないが、昼食は、仕事の都合で外食になる事も多く、栄養バランスの悪い日もあるとのこと。
ご利用の経緯
元々は、栄養指導先のクリニックの患者様。健康診断を1年間受けておられず、血糖値を検査すると、血糖値:233 mg/dl、ヘモグロビンA1c:9.8%。糖尿病的な自覚症状が全くなく、病気の恐ろしきを実感された。
栄養指導では、合併症のお話や、具体的な食品のお話、生活のお話、色々な角度で伝える。配食を利用しながら、食事療養と血糖コントロールを開始することに。

ご利用の食種:カロリー・脂質調整食(1800kcal/塩分9g)|配食ご利用状況:昼食無し/夕食:月〜金


管理栄養士からのアドバイス
山村が担当しました
糖尿病と脂質異常症の食事療養についてのポイントを伝えました。   朝食にたっぷり野菜をとりましょう。
昼食の外食は揚げものを避け、できるだけバランスのよいものを選びましょう。
十分な睡眠をとるよう心がけましょう。
ストレスを溜めないようにしましょう。
水分をたっぷりとりましょう。

血液検査の変化(2年1ヵ月間)
血液値は利用者様からの申告によるものです
ご利用後の変化
ヘモグロビンA1c:9.8%と高値だったのが、現在では6.3% に維持され、劇的に改善。夕食の配食を利用しながら、朝食や昼食も確実に食事療養をマスターされた賜物です。
週末にお孫さんが遊びに来られた時など、外食することもあるようですが、現在では、外食の摂取の仕方も心得えておられるので、安定した血糖コントロールができています。夜中まで起きて仕事をする事もなくなってきたよう。配食を利用し管理栄養士のサポートを受けることで、安心感と改善の見込みを実感され、意欲的に食事療養をするきっかけづくりができました。
今でも「あの時出会えてよかった」と言っていただき、本当にうれしく思います。今後も安定した療養をサポートしていきます。
File:03

糖尿病

男性 / 64歳

糖尿病とは、糖質(血糖)を調節するインスリンというホルモンが不足したり、作用が不十分なために常に血糖が高い状態になっている病気です。自覚症状に乏しく、重篤な合併症を引き起こす特徴があります。

生活環境 生活状況
家族と同居。 週5日は仕事。車通勤でほとんど歩かず、自宅から十数メートルのコンビニにも車で行く。食事は、朝・夕食は奥様が用意。夕食時には350mlの缶ビールを嗜み、平日の昼食は外食。奥様によると、間食が多く、夕食後には和菓子など、よくダラダラと何かしら食べている。昼食はおそらく本人の好きな揚げ物、ラーメン・餃子定食を食べているだろうとのこと。週末のゴルフには飴とバナナを持参。コーヒーに大さじ1杯の砂糖、漬物に醤油をかける、朝食によく塩鮭を利用などの食習慣がある。
ご利用の経緯
以前より糖尿病と指摘されていたが、特に生活を変えず、たまたま娘様が行かれた医院の先生の感じが良いと初めて受診され、そちらよりご紹介、面談。普段の食事内容や食習慣などをヒアリングし、奥様と奥様を介してご本人様への指導をさせて頂く。その後、配食を利用し、3か月後の血液検査でHbA1cを3下げて卒業することを目標にしてスタート。

ご利用の食種:カロリー調整食(1600kcal/塩分9g)|配食ご利用状況:昼食無し/夕食:月〜金


管理栄養士からのアドバイス
大都が担当しました
奥様へ、糖尿病に関する知識、HbA1cの上がる原因をお話し、糖尿病の食事療養についてのポイントを伝えました。   夕食後は食べない・間食は時間を決める・野菜から食べよく噛む・ビールは糖質オフのものに代える、をひとまずの目標に。他、外食時は早食いの原因になる丼や麺類を控え定食スタイルのものを選ぶ・コーヒーの砂糖は低カロリー甘味料に替える・食後に10分でもよいので歩く習慣をつけましょうとご提案しました。
奥様には、はーと&はあとのお弁当の量を参考に夕食の用意をしてもらい、よく利用されていた塩鮭を止めて頂くよう伝えました。

血液検査の変化(3ヵ月間)
血液値は利用者様からの申告によるものです
ご利用後の変化
最初の5日間夕食を配食に置き換え、今までの食べ過ぎを実感。夕食後の和菓子は即止められ、昼食は奥様がはーとの配食の空容器におかずを詰めて持参にし、夕食後はご夫婦で歩き始められました。一緒に夕食をとる娘様も「よく噛むように」と声をかけるなどご家族の協力も得られました。ただ、まだ今までの何も考えず食べていた習慣が変わらず、500kcalの菓子パンを食べていたと奥様からの報告がありました。そこで間食は80kcal程度のものにするよう再度お伝えしました。2週間目からは頻度を減らして利用。
1か月後、ご本人様から体重が4kg減量したことと、意識も変わり、運動も継続して前向きに取り組んでいると嬉しい声を聞かせて頂きました。利用開始から3か月後、当初10.5だったHbA1cが7.0まで改善され、目標通り、3か月でご卒業頂きました。その後の血糖コントロールも維持されています。