大都宏子のブログの最近のブログ記事

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

急に涼しく、肌寒くなったかと思えば、また夏日になったり・・・

気温差についていけず、風邪を引いてしました(涙)

さて、風邪をひく前に訪問したKさま。ケアマネージャーさんの訪問に併せて訪問してきました。この時は東京に在住の娘様にもお会いできました。

関わり始めたのは4月の初め。腎機能悪化にともない入院し、退院したものの、自宅での食事内容に不安と、ご本人様の極端な制限にこのままで良いのか?という疑問を解決する?ために関わることになりました。

ご本人様は脚の浮腫みが太ももまで生じ、とってもお辛かったようで

「もう二度と、あの浮腫みは体験したくない。」と

減塩と腎機能悪化を恐れて、食事量が少なくなっていたようで、訪問看護の看護師さんも体重減少を指摘されていました。

2月の入院前のCre7.61 BUN135.6

退院後の4月のCre3.35 BUN145.2 体重47kgこの時点から関わりスタートです。

朝食の内容を確認し、必要エネルギー確保の注意点を伝え・・毎日の夕食に食事をお届け、夕食の量を目安に昼食を用意してもらいました。

途中、訪問看護の看護師さんからや娘様の質問や相談もあったりしながら・・・

5月 Cre3.32 BUN113.7  尿たんぱく1+

6月 Cre2.9 BUN117 Ab3.8 総蛋白6.6 尿たんぱく1+

10月 Cre2.9 BUN102 Ab4 総蛋白7.0 尿たんぱく+- 

体重も49kgまで増えました。

腎機能がよくなり、尿たんぱくが出なくなったおかげで身体のたんぱく質が上がった・・・という先生からの説明。

主治医の先生からも褒めてもらえ、娘様からも感謝のお言葉を頂くことができました。

ケアマネージャーさんからも

「アルブミンも総たんぱくも下がっていく人しか見たことないのに

こんなに上がるんですねぇ・・」

私もびっくり(^^;

関われて嬉しい事例となりました☆

IMG_1900.jpg

秋の味覚のひとつ、『さつまいもごはん』

新米も美味しい♪

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

謹んで台風21号及び、北海道胆振東部地震災害のお見舞いを申し上げます。

先日の台風21号の影響で、マンションのテレビアンテナが落ちてしまい、我が家ではテレビが見られないという状況。

台風被害も、この度の北海道地震の被害も映像で見ていないため何とも言い難いのですが、きっと大変な想いをされている方が多いと思います。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、また復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

想定外の勢力の台風通過後、吹田・豊中市に向かいましたが、停電の影響でであちらこちらの信号機が機能していないという状況。

普段、信号機の「ありがたみ」なんて感じることが無かったのですが・・・信号機の交通整理に「ありがたみ」を感じました。

水道も電気も、ガスも信号機も「ありがたい」

復旧活動されている作業員の方がたにも感謝せねば。

当たり前の生活に感謝しないといけませんね。

5月から栄養指導に来られるようになったMさま。ご本人はお仕事の関係で一度もお目にかかれていないのですが奥様が指導に来られます。ご主人は私と同い年・・・

4月のHbA1cは13.1

お仕事は某清涼飲料水メーカーの営業さん。

ご本人の意識改革に・・と始めた週4日のカロリー調整食の配食。

夜食禁止や食事量のコントロール、スナック菓子の禁止も併せ頑張った甲斐あり順調にHbA1cも下がって・・・

8/4にはHbA1cが7まで下がりました。

意識改革で始めた配食。結果も出て、そろそろご卒業されますか?と確認したところ・・・

「本人はまだ継続すると言っています。」との返答が。

「まだ、本人的にはこの食事があるから・・と安心できる部分があるようで・・」と奥様も苦笑い。

お守りみたいなようなもの??

まだ、40代。糖尿病とのお付き合いはまだまだ長く続きます。

今は週4回の「お守り的なお弁当」ですが、数値安定が継続できれば「普段の食事に注意しましょう、というメッセージ定期便的なお弁当」として週1回を長くご利用頂くことで合併症予防にお役立て頂きたいものです。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_1882.jpg

6月の地震で食器がかなり減ってしまった我が家。もう増やさないでおこうと思っていたものの・・・

小鉢がないとやっぱり不便だわ・・と食器屋さんへ。

思わず、小鉢じゃないけど可愛い♪と購入した備前焼の小皿。

お気に入りの食器で料理熱も上がる・・ハズ(^^;

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

少し暑さがマシになった?と思える日が続きましたが、まだまだ8月。まだ暑さも紫外線対策も熱中症対策も必要です。

さて、先日の栄養指導時のお話です。

その方は片方の腎臓がない男性。4か月ぶりの指導です。

いつも熱心な奥様とご一緒ですが、今回は奥様の都合が合わずお独りでの指導。

熱心な奥様のおかげで減塩はできており、腎機能も安定。少し過剰気味の体重コントロールがご本人様の課題です。

「体重が減らないねん。食べてないねんけどなぁ・・・」

よくよく聞くと、8日目の便秘だとか・・・

「便がでると2kgぐらい減ると思うねん。」と。

8日も放置?!

便秘は、腸内にうんちが長期間溜まった状態ですから、私達の腸内細菌に悪い影響を与え悪玉菌が増殖します。そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐり、肌荒れや様々な病気にもつながると考えられています。

一般的な便の水分量は80%ですが、大腸に長時間とどまってい便からは、水分がどんどん吸収されていくので70%以下になり、硬くなってしまいます。硬くなると余計に腸内で動きにくくなり、どんどん溜まる・・・と悪循環に陥ってしまいます。

便秘予防には

まずは食物繊維をよく摂ること。食物繊維は、善玉菌のエサになり、水分を吸収してスムーズに外に運ばれる便を作ってくれます。そして発酵食品を摂ること。

腸内細菌は十人十色ですから、いろいろな発酵食品を摂取しご自分に合うものを見つけると良いです。そして腸内細菌のエサになるオリゴ糖も摂ること。

そしてウォーキングなどで便を「出す」筋肉をつけること。

この患者様のように「食べないダイエット」はよくありません。

食べないと、便の元になるものがありません。

便秘になると悪玉菌が有害物質を発生させ、血液中をめぐり、身体はそれを排除しようと働き、本来の働きであるエネルギー代謝が落ちて、痩せにくい身体になっていく・・・

「ご飯は1日に70gくらいしか食べてないわ。体重減らさな、と思って食べてなかったんや。」と。

ご飯には食物繊維も水分も含まれます。

ご飯、食べ過ぎはよくありませんが、極端に減らすのも問題です・・・

暑いですが、しっかり食べて快便を☆

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_1875.jpgご飯食べましょう・・と言ったばかりですが(^^;

先日の我が家の夕食。(栄養指導で写メを撮って頂いている患者さんの身になって、最近撮っております(^^;)

チキンと夏野菜のトマト煮、水菜とアボカドとツナの冷製パスタ。

夏の冷製パスタはレモン汁を効かせてさっぱりと♪

謹んで大阪北部地震及び、西日本豪雨災害のお見舞いを申し上げます。


お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

IMG_1850.jpg  新調したご飯炊き土鍋とお茶碗。

          普段の生活が送れることに感謝して・・・ 

 

先週、訪問したT様。3月からご利用頂いております。

当時、ご利用されていた宅配食の硬さが口に合わず、主食のみしか食べられない・・という状況が続き、痩せてこられた、と相談があってのご利用です。

パーキンソン病もあるご本人様ですが、体重を増やしたいというおキモチが強く、ご利用されている生協の宅配でもいろいろご自身なりに考えてお買い物をされていました。

水分もむせる・・とのことで、ご自身で水分にはトロミをつけて摂取されていました。

TaBeLu+をご利用頂くこと2か月後の5月。

33.9kgだった体重が34.7kg(どちらも着衣あり)と増加。

大変喜んでおられました。

利用当初不明だったアルブミンは3.5と判明。

それから、さらに2か月弱経過した7月。

体重の増減はほぼ無く、34.5kg(着衣あり。ただ、5月より薄着にはなっていたかな)

ただ、アルブミン値が3.5から3.8と改善されていました。

ご本人様的には、体重を35kgにしたかったようですが、栄養状態が良くなっているとお伝えすると大変喜んで頂けました。

ご自分でできる簡単な調理はされており、いつも届けるTaBeLu+の献立表をみながら、参考にしていると。

卵の摂取が無かったため、手軽にできるスクランブルエッグや、まとまりよくなることで食べやすくもなり、カロリーも上がるマヨネーズを使用したメニューを紹介し、リハビリの後に牛乳を飲むよう伝えてさせて頂きました。

真面目にご自宅でも口腔体操を継続されており、

「最近、むせることも少なくなってきたのよ。」と。

「自分の身体は自分で管理しないとね。」

しっかりご自身の体調管理に向き合っているTさまのお力になれれば幸いです。

次回の10月の検査結果を楽しみに。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

IMG_1855.jpg

最近のお稽古花。祇園祭りの時期にだけ活ける檜扇(ひおうぎ)

IMG_1515.JPG こんな小さな可愛い花が咲きます。

咲き終わると、お行儀よく、クルクルと閉じるんですよ。

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

梅雨の中休みもあったりと

日焼け対策に、雨対策と忙しい今日この頃です。

さて、タイトル通りの「ミニ料理教室 第2弾」をしてきました。

前回、ご依頼頂いた訪問看護ステーションの管理者さまからのご依頼。前回が好評だったので・・と第2弾。

今回もヘルパーさんやケアマネージャーさん対象に「経腸栄養剤 エンシュアリキッド」を使った料理教室です。

暑くなってきたので「自宅で作る経口補水液」も作りました。

前回に並び・・

調理の前に少し、看護師さんから

以前に関わらせて頂いた重度の呼吸器不全の女性の症例『栄養士さんの介入で体重減少が止まり、維持できました!』を発表をしてもらいました。

今回のメニューはエンシュアリキッドを使った、フレンチトースト、くず餅風、アイスです。

フレンチトーストが絶品♪だったので、今回もご紹介。

くず餅風は試作の時はうまくいったのですが

本番、ちょっとしたハプニング(冷ます時間が短かったからか、うまく包丁で切れず・・)

上から振りかける予定だった「きなこ」を急遽、まぶしての対応。

さすが、普段様々な臨機応変な対応をしているヘルパーさんからの提案。うまく乗り切れました(^^;

IMG_1824.jpg IMG_1825.jpg

ちょっとフレンチトーストが焦げました(^^;

ここで自家製経口補水液の紹介

~自家製経口補水液の作り方~

砂糖(上白糖) ・・大さじ2と小さじ1

塩      ・・・小さじ1/2

水      ・・・1㍑

レモン、りんご酢、グレープフルーツジュースなど・・お好みのものを風味付け程度に数滴

 全て混ぜるだけで完成です。

簡単ですが、ちょっと注意点があります。

※あくまで手元に経口補水液が無い場合の緊急的な対処としての作り方です。脱水時に不足するカリウムをほとんど含まないため、嘔吐や下痢などの時には市販の経口補水液をお摂り下さい。

※塩と砂糖の分量を間違えるとうまく脱水を改善することができない場合があります。分量はお守りください。

※作った経口補水液は遅くともその日のうちに飲みきって下さい。

よかったらぜひ☆

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子