皆様こんにちは!!管理栄養士の篠原大之です。

今年も残すところあと1か月となりました。

さて、先日高槻市にて行われました研修会を受講してきました。テーマは、『高齢者の栄養チェック フレイル・サルコペニア予防のために講師は、私の入社時直属の上司 島田天心先輩でした。今回の講義では、フレイル・サルコペニア予防に栄養面からどのようにアプローチすれば良いのかでしたのでその内容をお話いたします。

IMG_1356.JPG

まず、フレイルとは老化に伴い筋力や活動量が低下している状態を指します。サルコペニアとは、加齢に伴う筋肉量、筋力、身体機能の低下を指します。近年どちらも注目されていますが、一般的な認知度はまだまだ低いのが現状です。これらを予防するのに有用なのが、食事と運動です。食事で大切なのは、1日3食しっかり食べること。その中でも特に大切なのが、必要なエネルギー、タンパク質を十分に摂取することです。高齢者の食事は、「粗食」が一番。脂っこいものは控え、野菜と魚中心がいいと考えられていましたが、食事にタンパク質や脂質などを含んだバラエティーさが、老化を遅らせます。食事摂取基準の1日当たりのタンパク質推奨量は、70歳以上で男性60g女性50gと18歳から69歳と同じ量が必要になります。その為、高齢者ほど肉などの動物性たんぱく質や脂質を十分に食べることが大切です。また、肉、魚、牛乳、油脂類など1日になるべく10食品群をまんべんなく食べることを目標にすると自然に栄養状態は改善するとのお話もありました。10食品群チェックシートを使用し、自身の食事摂取状況を確認していただき足りない所を補うようにしましょう。

10食品群チェックシートの付け方

その日に食べた食品の量に関係なく、食べたか?食べてないか?で判断して、食べていれば10食品群チェックシート(10食品群シート)に〇を付けていき、1日に7食品群以上を摂取することを目標にしていきます。この10食品群チェックシート(10食品群シート)を日々つけていき、ご自身の食生活を振り返りながら、バランスの良い食事を摂るようにしていくようになります。

chekkusi-to.pdf (ダウンロードしてみて下さい)

5caacdf8a6f3bfc3a877606d691e6619.jpg

https://kidstomo.com/10syokuhinchecksheet/(引用元)

フレイル・サルコペニアの現状を発信し、認知度を高めることが大切です。その為に、私自身もさらに勉強しいつの日か島田先輩のように、大勢の前で講義ができるように鍛錬していきます。

皆さま!こんにちは。

管理栄養士の松本千奈美です。

前回、新商品の朝食について発表させて頂きましたが、その商品名が決定しました!!!

 

★朝食の商品名は【おいしゅ~oish~】です★

 

おいしゅ???となりますよね。()

おいしゅの意味は「美味しい」という意味があり「美味しい」を京言葉にすると「おいしゅおす」になります。そこから「おいしゅ」と名付けました。

この商品名は、ファシリティーフードサポート事業部でそれぞれ意見を持ち合って何十個もある中からみんなで話し合い決定しました。

この名前は、実は私が提案しました。

商品名を提案するにあたって、まず朝食をどんな商品にしたいか考えました。

わたしは、今まではあとバランスの開発には携わってきましたが一から参加し新発売する商品に携わるのは初めてでした!

どんな容器に入れるのか、どんな大きさにするのか、どんな献立にするのか、栄養価はどのぐらいにするのか・・・など、たくさんたくさん考え試行錯誤しやっと発売することが出来ました!!

正直、本当に大変でした()

でも、その分自信を持ってオススメできる商品となりました。

はーと&はあととしての思いやこだわりがたくさん詰まっています。

そして、その思いが皆様に伝わるような商品になって欲しいと思い「おいしゅ」と名付けました。

最初は、いまある商品の「ぐっどはあと」「はあとバランス」と同じように『はあと』という言葉が入った商品がいいなと思ったのですが、はーと&はあとならではの名前で、もっとインパクトがあって、皆さまに覚えてもらえるような名前がいいなあと思いこの名前を考えました。

これから、皆さまに愛されるような商品になって欲しいです(*^_^*)

 

少しでも気になった方がいらっしゃれば、試食ご用意していますのでお気軽にご連絡ください!お待ちしています★

皆さまこんにちは!! 管理栄養士の篠原大之です。

朝晩の冷え込みも日増しに強まってきていますが、風邪などひかれていないでしょうか。

さて、今回は、朝食についてお話しします。この頃、朝は寒く少しでも長く布団にくるまっていたいものですね。その結果、朝食に十分な時間をかけられないという方は多いのではないでしょうか。

ですが、朝食は3食の中でも、特に重要です。

その理由は、

①体内時計のリセット効果。

②体温を上昇させ代謝を高める。

③集中力や記憶力が上がり、仕事や勉強の能率がアップする。

④胃腸の運動が活発になり、便秘予防になる。

⑤朝食を食べないことで、他2回の食事が増えることになり、肥満や脂質異常症などを起こす原因の一つとなるため、朝食をとることは生活習慣病予防にも繋がります。

 朝食べたご飯が、脳のエネルギー源であるブドウ糖に変わるのには食後30分から1時間ぐらいかかります。そして、食べたものが消化されるのは、おおよそ3時間ぐらいかかります。ブドウ糖は体の中には大量に貯蔵しておくことができないので、一定間隔で食事を摂る必要があります。お昼を12時ぐらいに食べるとすると遅くとも朝9時までにご飯を食べると、いい間隔でブドウ糖の補給ができます。しっかり朝ごはんを食べて頭も心もおなかも、ゆとりをもって出かけるようにすれば、1日シャキッと過ごせるようになります。朝食は、1日の活力源です。これまで朝食を食べる習慣がなかった方も、少しずつ朝食をとる時間を作り、朝から元気に過ごしましょう。

そこで皆様におススメしたいのがこちら

朝食画像.png

 

 ★朝食おかず販売します!!

『調理済み』『盛付済み』『使い捨て容器』 

 ★無料サンプルご用意しております。

是非一度お問い合わせください!よろしくお願い致します!!

お問い合わせ

0120-919-257(通話無料)

はーと&はあと 管理栄養士 篠原大之