食事療養のサポートを現場から発信

こんにちわ!北摂管理栄養士の徳山です。

今週から、塩分・蛋白調整食をお届けしている、透析の利用者様。

面談は、息子様、ケアマネジャー、ソ-シャルワ-カ-と病室で行いました。

入院時は、下肢浮腫が酷くで、酸素吸入もされていたとのこと。

ゆくゆくは、息子様と同居予定ですが、当面在宅にもどられ、ヘルパー介入で独居生活されることになっています。

 

「病院で、栄養指導も受けたけれど、自宅で塩分、蛋白質の調整、カリウムの制限は難しくて、、、退院後の食事を一番心配してる」とお悩みでした。

 

病院の管理栄養士からも、はあとの配食を勧めて頂いていたようで、病院食と同じエネルギー、蛋白、塩分量でお届けする事が決まりました。

 

入院前は、洋裁のプロとして活躍されており、病状も安定したら、洋裁もまたしたいなぁと気力も上がってきておられます。自宅にもどられ透析、ヘルパーサ-ビスの環境に慣れ、ご自身で食事準備が出来るようになるまで、お力になれたらと思います。

余談ですが、紹介下さったケアマネジャーが管理栄養士の資格を持っておられ、昔は施設で調理もされていたとのこと、

「食事は、薬じゃないから、即効性はないけど、毎日の積み重ねが大事!在宅まわる管理栄養士に頑張ってほしい」と激励されました(*^_^*)

食の重要性伝える為、日々勉強です。

 

実家でびわが採れました!

数年前に、長女が実家の庭に埋めた、びわの種が芽を出し、木になって、今年初めて実がなりました!

収穫後↓↓

IMG_5666.jpgbiwa.jpg

肥料もなんにもやっていないのに、甘かったです(*^_^*)

 

管理栄養士 徳山 沙紀子

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

    

6月も後半!

どんどん暑さが増してきていますが、みなさん夏バテになっていませんか?

梅雨時期でジメジメするかと思えば快晴で、私は夏が苦手です・・・

そんな季節ですが、スタミナ食材を食べて、夏を元気に乗り切りましょう!

   

さて今回は、6月の旬の食べ物について★

6月の旬の食べ物

アスパラガス、ピーマン、いんげん、枝豆、にんにく、しそ、きゅうり、ししとう、おくら、梅、さくらんぼ、あじ、あなご

そのなかで、今回は4月~6月の旬の食材「アスパラガス」!!

主な産地は、北海道、長野、佐賀

アスパラガスは、主にβカロテン、ビタミンC、食物繊維を豊富に含みます。

穂先には、毛細血管を丈夫にする働きを持つルチンが多く含まれており、動脈硬化や高血圧予防に効果的です。

また、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が多く含まれており、新陳代謝を促すとともに、たんぱく質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復に効果的な野菜です。

      

★おいしいアスパラガスの選び方★

・穂先が締まっているもの

・縦の筋が目立たないもの

・茎がまっすぐでしっかりしたもの

・濃い緑色のもの

   

★保存の仕方★

・濡らした新聞紙に包んで袋にいれ、冷蔵庫に立てて保管

(横にして保存すると、上にのびようとして穂先が曲がってしまう)

・硬めに茹で水気を切り、フリーザーバック等で冷凍保存も可能

         

☆からだにうれしい食べ合わせ☆~バランスよく栄養をとるために~

◆アスパラガス+豆腐

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、豆腐の主成分であるたんぱく質の代謝を助けます。

たんぱく質は体をつくる栄養素であり、丈夫な体づくりにおすすめの組み合わせです。

◆アスパラガス+パプリカ

アスパラガスに含まれるルチンには、ビタミンCの吸収を助ける効果があります。

パプリカにはビタミンCが含まれており、日焼けをしてしまいがちな時期のお肌に最適な組み合わせです。

◆あさり+えび+たまねぎ+にんにく

あさりとえびに多く含まれるタウリンは栄養ドリンクにも含まれている成分で、肝臓を強くする、血圧が上がるのを防ぐ、スタミナアップ、疲労回復などに効果的です。

また、タウリンには血管を強くする働きがあり、たまねぎ、にんにくに含まれる硫化アリルの血液をサラサラにする効果と合わせ、動脈硬化の予防が期待できます。

  

暑くなってきて、調理で火を使いたくないときはレンジを上手に活用にして火を使う時間を短くし、暑い季節をのりこえましょう!

   

はーと&はあと 管理栄養士  相山 華菜

 

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

梅雨らしく、じめじめとしてきました。雨の日も続きそうです・・・。

高解像度無料イラスト-紫陽花

さて、弊社では、嚥下咀嚼困難な方へ、ご提案できる商品の取り扱いが多数ございます。

配食として、毎日お届け出来るお弁当形式タイプのTaBeLu+、TaBeLuソフトや、

必要量だけご注文いただける、常温商品、冷凍商品等も多数取り揃えています。

特に、嚥下咀嚼機能が低下されている状態ですと、退院後のお食事用意がとても大変です。

日々のご相談でも、よくお声を頂いております。

(実際に、毎食ミキサーにかけたり、とろみをつけたり、刻んだりは大変です)

是非、弊社へご相談ください。

ご本人様の状態にあったお食事のご提案&お届けをさせていただきます。

カンファレンスなどにも、参加させていただきます!!

★本日の栄養コントロール食★ 

透析食 627Kcal たんぱく質18.8g 脂質21.2g 塩分2.0g

米飯200g 揚げ鯖のおろしかけ なす含め煮 炒めなます 里芋とひじきの煮物 小松菜ソテー

青魚を使用し、揚げることでカロリーUP。炒めなますに、粉飴を使用しカロリーUPしています。

野菜類はカットを細かめにし、ゆでこぼしをすることで、カリウムをある程度除くことができます。

20170620_133117.jpg

カスタマーセンター 管理栄養士 小山祐子

こんにちは。

サロン管理栄養士 兼 介護職員の柴田です。

梅雨なのに雨が降らないなあ と思っていたら

今朝のニュースで、実はまだ梅雨入りしていなかった可能性が...とのコメント。

明日からは雨や曇りがちな天気が続きそうです。

ようやく梅雨本番かな?

サロンには、きれいな虹とアジサイが姿を見せてくれました☆彡

頑張ってくれた利用者様とスタッフに感謝です(^_-)-☆

0185b6077565d16d73b144a30cce9dd73839226e29.jpg

さて、最近サロンでは、歌が流行っています。

というもの、とある認知症の利用者様が

「歌でも歌いましょうよ」と自ら歌詞カードを探し、

利用者様同士で歌い始める光景が良く見られています。

最初は2,3人(しかも男性!)で口ずさんでいるのですが、

せっかくならと、周りの方も巻き込んで、

いつの間にか、大勢で歌っています。

サロンの利用者様の中には、ハーモニカを得意とする方が数名いらっしゃるので

時にはハーモニカ演奏が加わったり、

音楽クラブに所属したことがある方は、指揮者になってみたりと

受け身ではなく、自らが行動する姿が見られているのです。

主に、唱歌や童謡、昔の流行り歌(青い山脈、高校三年生、上を向いて歩こう など...)

を歌いますが、

歌うことによって、当時の記憶や生き生きとした感情がよみがえり、

表情が豊かに、また周囲とのコミュニケーションがわずかに円滑になるように

思います。

歌うことで心肺機能や口腔機能の向上も見られます。

「音楽療法とは、音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを

心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上に向けて

意図的、計画的に活用して行われる治療技法である」

と定義づけられています。

サロンでも月2回(第1木曜日と第四火曜日)音楽療法の講師に

きていただいていますが、

それ以外に日常的に、習慣的に歌を歌うことで

なにかしらよい効果が見られたらいいなと感じています。

01be7e2a4e8eb0df72c1e80bcbbb3e53797c1b332b.jpg

先日、昼食で握り寿司が提供されました(^^)/

今日は何の日かしら?とソワソワ、

桶に入ったお寿司を見て、皆テンションが上がっていました☆彡

いつもTaBeLuソフトやTaBeLu+を召し上がっている方も

一口大に切ったり、海苔をはがして

皆お寿司を召し上がりました~!

普段飲み込みが悪い方も、

食べたいものは、食べられるものなのですね...!!

こういう場面を見ると、しみじみそう感じます。

01cfc27c05eb548690be8f00a8aea0eace87fc47f4.jpg

テラスには、金太郎トマトの苗もやってきました。

小さな実が一つ、顔を出しています。

水やりは、利用者様のリハビリです!

たくさん収穫できるように

愛情をたくさん注いて育てたいと思います☆

サロン 管理栄養士 兼 介護職員

柴田 満里子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子