食事療養のサポートを現場から発信

こんにちは☆ 北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

毎日、毎日「新型コロナ」の情報が入ってきます。経済だけでなく「気持ち」も沈みがちになりますね。

世の中の皆さんが手洗いと咳エチケットを励行しているおかげで、インフルエンザの流行も抑えられていると聞きました。

「新型コロナ」の特効薬もまだ出そうにないですし、予防接種もまだまだでしょうし・・・

そんな今こそご自分の「免疫力アップ」です!

花粉症対策としても免疫力がクローズアップされていますし、すでにご存じの方もおられますが、今日は免疫力アップの話をしたいと思います。

『免疫力アップ≒腸内環境を整える』

そこで、

その1.発酵食品をこまめにとる

 発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。腸内の善玉菌の活動を活発にして、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良くする働きがあります。

 善玉菌と悪玉菌のバランスは、偏った食事やストレス、自律神経のバランスなどによって悪化しやすいのが特徴です。みそ、納豆、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルト、チーズといった発酵食品を日々の食事でこまめにとることで善玉菌優勢の腸内に。

その2.食物繊維を積極的にとる

 野菜やきのこ、海藻類など食物繊維が豊富な食材をとることで、便秘を予防したり、善玉菌がすみやすい環境を整えたりすることができます。善玉菌のエサも必要です。

『ビタミンも味方に』

そこで、

その1.ビタミンA-カロテン)は油と一緒に

 ビタミンAには皮膚などの粘膜を菌やウイルスから守ってくれる働きがあります。緑黄色野菜や鶏のレバーなどに多く含まれており、脂溶性のビタミンなので油と一緒にとることで吸収率がアップします。 

「粘膜を強くしてくれる」緑黄色野菜摂取を促すために、よく私の話には登場する「決まり文句です」

その2.ビタミンCをこまめに摂取

 ビタミンCには白血球の活動を活発にする働きがあります。ただ、貯めておくことはできず流出しやすいので、1日を通してでこまめに補う必要があります。

その3.ビタミンEで血行よく

 ビタミンEには血流の流れを良くしたり、体の老化を防いで細胞を若々しく保ってくれたりといった働きがあります。ナッツ類やひまわり油、うなぎ、抹茶に多く含まれます。

ただし、ビタミン摂取には注意も必要です!!(これ重要!!)

日常の食事で摂りすぎになることは少ないですが、脂溶性ビタミンはサプリメントなどで摂取すると過剰摂取に繋がることもありますのでご注意ください。また疾患のある方は主治医や薬剤師さんにもご相談を。

 

IMG_2492.jpg 画像がうまく取り込めず。すみません、横向きになっております。

おススメのお手軽「トマトスープ」です。

トマトジュースで野菜やきのこ、ウインナー、大豆水煮などを入れてコンソメをプラスして煮込むだけ。ショートパスタも一緒に茹でて軽食にも。

仕上げにオリーブオイルを垂らしてトマトの栄養の吸収アップ。粉チーズも振れば発酵食品も。

お試しあれ。

基礎疾患をお持ちの方は、基礎疾患のコントロールも重要です。

血糖コントロール、血圧管理など・・気になる方

基礎疾患のコントロールのためにお気軽にご相談くださいませ。

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

みなさんこんにちは、京都管理栄養士の山本です(^^♪

春らしい暖かい日が続いていますね。新型コロナウイルスのニュースは不安な気持ちになりますが、原付バイクで走っていると時々沈丁花の香りがして嬉しい気持ちになります。

 

先日約1年ぶりに利用再会の方の訪問に行ってきました。

はーと&はあとでは、一定期間以上開いている場合、再度訪問をお願いしております。

期間が開いていると、初回でヒアリングした状況と変わっている事が多いからです。現在の状況に合ったお食事をご提案するため、再度訪問でヒアリングを行っています。

 

【先日訪問した方】現在86歳 男性

 糖尿病・心疾患の方

 2019/4:身長179cm,体重60.3kgBMI18.8

医師からの指示は1600Kcal・塩分6g以下 インスリン投与あり

配食は「栄養コントロール食」の塩分調整食(1食あたり塩分2g以下)をご利用。

 

現在:身長177cm,体重47.8kg BMI15.2

入院中の食事は1600Kcal・塩分6g以下 

血糖値は安定しておりインスリン投与はなし。喫食量が極端に減少。本人様も同居の妻も何をどれだけ食べたか記憶が曖昧。家族様は「しっかり栄養を摂ってほしい」とお考えです。

 

今回は普通食である「健康バランス食」のミニサイズとアイソカルゼリーをご提案。

健康バランス食のミニは1食あたり400500Kcal・蛋白質1520g・塩分2.5g以下のお食事です。ただし全量摂取できてこそ。喫食量が少ない為、塩分過剰になる恐れは低いですが、エネルギーや蛋白質が不足します。不足分をアイソカルゼリー(1150Kcal・蛋白質3g・塩分0.16g)12個ほどを目安に追加していただくことを提案しました。

 

今後も訪問看護の方と連携して喫食量の把握や、血糖値や血圧などの情報を共有して、変化に合わせたお食事を提案していきたいと思います

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

udonn.jpg先月ですが、「竹松うどん」というお店に行ってきました。

その日は「京小麦の収穫祭2020」に参加されており、「せときらら」という京都府内で栽培されている小麦粉を使ったうどんが楽しめました。「京湯葉あんかけうどん」とっても美味しかったです。

「京小麦の収穫祭2020」は3/29まで開催されているようです(^^)/

京都地域担当 管理栄養士 山本博子

関係機関各位

平素は弊社配食サービスをご愛顧頂きありがとうございます。

さて、新型コロナウイルスの影響等にて、急にお食事が必要になられる

ご利用者様がおられましたらご相談くださいませ。

前日のお昼12時までにご連絡いただければ、当面は新規面談・受付業務を簡易化し

原則翌日よりお食事のご用意をお受けさせていただきます。

お困りの方がおられましたら、お気軽にご相談ください。

※臨時的なご利用の方でもサービス内容・料金等に変更はございません。

お知らせ文(臨時配食受付等).pdf

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

はーと&はあと 在宅食生活サポート事業部

みなさんこんにちは、京都管理栄養士の竹輪です!

 

先日、伏見区深草の地域包括主催の「ホッとしましょの会」で低栄養予防のお話と、配食の試食会を行ってきました!

 

元気な高齢者の方々・介護をされているご家族様へむけて低栄養についてやバランスの良い食事とはどういったお食事か、簡単なレシピなどを紹介してきました。

 

『まごたちわやさしい』

この言葉を知っていますか?バランスの良いお食事の合言葉です。

1日の食事の献立を「まごたちわやさしい」を含む食材を使って考えると、自然と栄養バランスの整った食生活が送れます!

 

・・・まめ(大豆製品)

・・・ごま(ナッツなど)

・・・たまご

・・・チーズ(乳製品)

・・・わかめ(海藻類)

・・・やさい

・・・さかな

・・・しいたけ(きのこ類)

・・・いも(芋類)

 

低栄養→フレイル(虚弱で身体の機能が低下している状態)→サルコペニア(加齢に伴う筋肉量の低下)→ロコモティブシンドローム(運動器の障害により日常生活に支障をきたしている状態)→寝たきり(要介護となり一人での生活困難な状態)という「負の連鎖」を断ち切るためにも、13食しっかりとバランスの良い食事を食べることが大切です!

 

<カタログをご希望の方は下記から閲覧・ダウンロードできます>

http://www.810810.co.jp/download/

 


先月、ビュッフェへ行ってきました!

 

 

IMG_6437.jpg    IMG_6434.jpg


はーと&はあと 京都管理栄養士  竹輪美里

 

 


 

 

 

 

 

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 小山 祐子
  • 末藤 浩平
  • 徳山 沙紀子
  • 竹輪 美里
  • 山本 博子
  • 杉原 和希