食事療養のサポートを現場から発信

こんにちは!北摂管理栄養士の徳山です。ようやく秋らしくなり、店頭には、梨や柿、さんま等、秋の味覚がたくさん!嬉しい季節になりましたね。

日曜日に、度々 田植えや稲刈りをご一緒させて頂いている、高槻のケアマネさんのご実家の恒例「秋のそうめん流し」へ参加してきました。黒豆収穫から、そうめん流し、手作りカマドでピザ焼きも見せて頂きました!

自然がたくさんで、子供達大喜びしていました。秋を感じた1日になりました。

image1.jpeg 黒豆.jpeg image1.jpeg そうめん流し.jpeg image1.jpeg コスモス.jpeg

 

さて、先日、ある事業所の理学療法士から連絡があり、「1年前に、はあと利用されていた方だけど、現在食べている食事形態がどうも合っておらず、食事量が減少し、体重が落ちている」と連絡が入り、一緒に訪問してきました。

83歳、男性で舌癌の方です。食塊形成、送り込みが難しくなってきておられ、1年前と比べると6~7kg近く体重が落ちており、自宅で転倒された事もあったそうです。ソフト食を試食してもらい、これだったら食べれそうと、お食事お届け再開となりました。

1kgの体重減少を回復させるまでに必要なエネルギーは、成人では7500kcalであるのに対して高齢者は880022600kcalで、通常の成人と比較して、最大で3倍近くのエネルギー量が必要とはると言われています。

体重は、低栄養の指標になります。

なるべく早くに栄養ケアを行う事で低栄養を防ぐ事が出来るので、ご自宅でも、手軽に指標となる、体重を測る事から始めて下さいね。

北摂管理栄養士 徳山

 

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

     

朝晩冷え込むようになってきましたが、みなさん体調はいかがでしょうか?

あんなに暑かった夏が終わり最近は、25°以下の気温が続いていてもうすっかり秋ですね。

夏はアクティブに過ごしましたが、今年の秋は読書や芸術にふれたいと思っています。   

  

さて、今回は9月からご利用いただいている92歳 お独り暮らしの女性の利用者様のお話です。

難聴ですが、認知症もなく、耳を傾けてお話いただきとても穏やかな印象の方です。

火・木・土曜日は透析。月・金曜日がデイサービス。水曜日は、長男様とお嫁様が訪問されて穏やかにすごされています。

8月下旬から透析が始まり、弊社のホームページを見て長男お嫁様がお問い合わせくださりました。

食事量は少なく、食べられるかわからないと家族様が心配しておられる状態からのスタートでした。

しかし、配食がスタートし配送員の声掛けには、「ごはんは半分ほどしか食べられないがおかずは口に合って完食できている」とお答えがありました。

そして、先日デイケアにて担当者会議があり出席してきました。

出席者は、ご本人様、長男様、お嫁様、先生、CMG、リハビリ担当者、デイケアスタッフでした。

透析前は、しんどさもありリハビリも進まなかったけれども、今は体調が改善し、食欲・気力ともに改善して、リハビリも意欲的に自転車こぎもされています。

食欲も増え、体重も少し増えていますが、透析時間は3時間で先生からは特に指摘なしです。

透析に強い体で、合っているとのよいコメントがありました。

この状態で、安定して過ごしていただけるようにまたチームで連携をとってサポートしていきたいです。

先日、五感というケーキ屋さんがありお店の名前に惹かれて秋のケーキを買ってみました。

栗のショートケーキと栗のモンブランです。

栗ケーキ.JPG 

とってもおいしかったです。

はーと&はあと 京都 管理栄養士 相山 華菜

こんにちは。 カスタマーセンター 小山です。

10月になり、朝晩が肌寒くなってきました。

体調を崩しがちになる季節ですので、良く食べて、よく動き、休息もしっかりとって、皆さまお気を付け下さいませ。

さて、10月31日は、「ハロウィン」。

ハロウィンは、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったようですが、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているというのは良く聞きますよね。

かぼちゃの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

電車のつり広告や、デパートの装飾も、かぼちゃ色でカラフルです♪

はーと&はあと北摂オフィスでも、ハロウィンにちなんだ行事食を用意しています。

ご利用者様に、季節感を感じて頂けたら幸いです。

行事食メニュー表(20181031)B5版.pdf

「ハロウィン イラスト 無料」の画像検索結果

北摂オフィス 10月健康バランス食メニューは下記をクリック♪ 

 2018年10月送付メニュー.pdf

はーと&はあとライフサポート  カスタマーセンター管理栄養士 小山祐子

こんにちは☆北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

急に涼しく、肌寒くなったかと思えば、また夏日になったり・・・

気温差についていけず、風邪を引いてしました(涙)

さて、風邪をひく前に訪問したKさま。ケアマネージャーさんの訪問に併せて訪問してきました。この時は東京に在住の娘様にもお会いできました。

関わり始めたのは4月の初め。腎機能悪化にともない入院し、退院したものの、自宅での食事内容に不安と、ご本人様の極端な制限にこのままで良いのか?という疑問を解決する?ために関わることになりました。

ご本人様は脚の浮腫みが太ももまで生じ、とってもお辛かったようで

「もう二度と、あの浮腫みは体験したくない。」と

減塩と腎機能悪化を恐れて、食事量が少なくなっていたようで、訪問看護の看護師さんも体重減少を指摘されていました。

2月の入院前のCre7.61 BUN135.6

退院後の4月のCre3.35 BUN145.2 体重47kgこの時点から関わりスタートです。

朝食の内容を確認し、必要エネルギー確保の注意点を伝え・・毎日の夕食に食事をお届け、夕食の量を目安に昼食を用意してもらいました。

途中、訪問看護の看護師さんからや娘様の質問や相談もあったりしながら・・・

5月 Cre3.32 BUN113.7  尿たんぱく1+

6月 Cre2.9 BUN117 Ab3.8 総蛋白6.6 尿たんぱく1+

10月 Cre2.9 BUN102 Ab4 総蛋白7.0 尿たんぱく+- 

体重も49kgまで増えました。

腎機能がよくなり、尿たんぱくが出なくなったおかげで身体のたんぱく質が上がった・・・という先生からの説明。

主治医の先生からも褒めてもらえ、娘様からも感謝のお言葉を頂くことができました。

ケアマネージャーさんからも

「アルブミンも総たんぱくも下がっていく人しか見たことないのに

こんなに上がるんですねぇ・・」

私もびっくり(^^;

関われて嬉しい事例となりました☆

IMG_1900.jpg

秋の味覚のひとつ、『さつまいもごはん』

新米も美味しい♪

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子