食事療養のサポートを現場から発信

こんにちわ!北摂管理栄養士の徳山です。2019年スタートし、1月も半ばを過ぎました。早い〜!今年も、どうぞ宜しくお願いします。

インフルエンザが爆発的に流行りだしております。皆様、免疫力を高めて、流行りにのらないようにしましょう!

 

細胞壁を強くし細菌の進入を防ぐには、主食・主菜・副菜をそろえて、さまざまな食品をバランスよくとることが大切です。

たんぱく質が不足すると、免疫細胞が減少して、粘膜ガードが弱まって外敵が侵入しやすくなります。

免疫をうまく働かせるためにビタミンC(新鮮な野菜、くだもの)、脂肪酸(肉、魚、卵に入っています)、ミネラルを積極的にとりましょう。

ミネラルとは、鉄(レバー、卵黄、いわしの丸干し、あさりの佃煮、ひじき等)、亜鉛、マグネシウム(カキ、牛肉、卵黄、はまぐり等)です。

また、発酵食品と乳酸菌を摂取する事で、腸内環境が整い、免疫力の維持に繋がります。

発酵食品(キムチ、ヨーグルト、納豆)

この時期、あったかい具だくさん味噌汁もいいですよね。

腸内細菌の餌となる食物繊維も摂って下さいね。

水溶性食物繊維を多く含む食材

(ひじき、昆布、こんにゃく、おくら等)

不溶性食物繊維を多く含む食材

(大根、ごぼう、しいたけ、えんどう豆、雑穀等)

生姜、にんにく、ネギ、ニラ等の香味野菜を使った温かい料理も、免疫力アップに繋がります!

 

昨年12月に栄養士会の研修で免疫力を上げる乳酸菌B240について、聞いてきました。乳酸菌B240とは、タイ北部で古くから食べられている発酵茶「ミヤン(miang)」から見つかった乳酸菌です。乳酸菌B240を毎日摂り続ける事、また、タンパク質と共に摂取する事で、免疫力が上がり、風邪の予防ができるそうです。残念ながら、国内にはこの乳酸菌が含まれている食材はないそうです。B240が入っている飲料が大塚製薬より販売されているので、興味のある方は、検索してみて下さいね。

 

今年も1年、健康に過ごせますように。

 

昨年年末、北摂エトセトラ

 

アップできていなかった、「運動と栄養」の講義にて、三國PTの勇姿!横からのアングルでしか撮影出来ず。

三國さん.jpeg

 

 

サロンのクリスマス会で、素敵なクリスマスソングを合奏されてました!

サロン演奏会.jpeg

左から

吉村さん (フルート)、冨林さん(ベース)

藺牟田さん(ピアノ)、末藤さん(カホン)

写真。

 

北摂管理栄養士 徳山

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

あっという間に、子供の長いお休みが終わり(9連休!)、また日常生活が始まります。

好きなものを、好きなだけ食べてしまっていたお休みの間、胃腸にもかなり負担をかけてしまっているのではないでしょうか。

1月7日は七草粥を食べる日として知られています。

ところで、なぜ七草粥なのでしょう。
七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。こんな、おまじないのような食べ方も素敵ですが、実はこの七草粥、とても理に叶った習慣です。
七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わい。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに一生懸命覚えた春の七草の名前です。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

いずれもみずみずしい緑の草ですから、ビタミンがたっぷり含まれています。緑が不足しがちなお正月、滋養豊かな七草でクッキングしてみませんか。

(キッコーマン ホームページより引用)

「お粥 イラスト」の画像検索結果

我が家も、お粥で胃腸を休めたいと思います!(^^)!

管理栄養士 小山祐子

新年あけましておめでとうございます。

多事多難な2018年が終わり、新しい年を無事迎えることができました。本年もよろしくお願い致します。

さて、関係機関に定期的に送っている、はーと通信にて書きました所信表明をここでも発信させていただきます。

『今年は新しい価値のあるサービスをご案内することで皆様の食事療法をサポートして参ります』

これまで行ってきて価値を感じて頂けているサービスはもちろん継続しながらも、皆様の食事療法をよりサポートできるサービスを新たに提案できるような年にしていきたいと思います。

今年は正月は休みをとれましたが、29・30・31と連続で出勤して、最後まで利用者様の電話をお受けしていると、正月三日間もお食事が必要な方、三日間だけ休むけど31日までお食事をお届けして、また年始は4日からお願いしますと言っていただく方など、以前は年が変わるのをきっかけに停止を希望される方がおられましたが、今年は年が変わるからと停止の連絡を受けるケースはほとんどなかったように感じました(もちろん、想定外の入院での停止は仕方ないですが)

年が変わることが食事療法をやめるきっかけにはならない雰囲気を感じました。きっと配食サービスを食事確保だけでない、価値をしっかりと利用者が認識してくれているからだと、勝手に良い方に解釈させていただきました。年末年始もご利用いただきありがとうございました。

さて、今年最後に飛び込んできた専門的なニュースをひとつ

食事療法の見直しへ日本糖尿病学会が動き出す

http://www.carenet.com/news/general/carenet/47235?utm_source=m29&utm_medium=email&utm_campaign=2018122701

これまでの食事療法を見直すようです。より新しいエビデンスに基づく食事療法や栄養指導の手法が出てくるかもしれませんね。日々勉強してスキルのアップデートが必要なようです。

正月.JPG

地元の剱神社で厄払いしてきました。よい一年にできますように!

はーと&はあと 管理栄養士 島田天心

新年あけましておめでとうございます。

北摂管理栄養士の大都です(^^)ノ

2018年は・・・

6月18日の大阪北部地震があり

その後、西日本豪雨災害があり

そして9月4日の台風21号の被害があり・・

と災害が続きました。

改めて、自然災害の大きさと普段の「当たり前の生活」が当り前じゃないと気づかされました。

ガス、電気、水道のある生活に感謝しなければ・・・と。

そんな2018年を越し、平成最後の2019年。

2019年も一期一会を大切に、たくさんの方に「出会って良かった。」と言ってもらえる管理栄養士でありたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 大都宏子

2019年の初詣は伊勢神宮へ・・・

IMG_1980.jpgまずは外宮へお参り・・

IMG_1984.jpg そして内宮へ・・・すごい人だかり。

甘酒の振る舞いもあって美味しく頂きました。

IMG_1981.jpg 内宮には、別宮として『風日祈宮(かぜひのみのみや)』があります。

雨風の災害を避け、五穀豊穣を願うために祀られている神様だそうです。

こちらにもお参り。

災害が起きませんように・・・良い風が吹きますように・・・

3年前?に行った時は、ものすごく人が少なくて歩くと玉砂利の音が響くような静けさだったのですが、さすがお正月の三が日。。

外宮も内宮も、おかげ横丁もすごい人でした(^^;

IMG_1986.jpg赤福本店も長蛇の列・・・

(並びませんでしたが)

伊勢うどんと、てごね寿司で伊勢の味を楽しんできました。

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子