株式会社 はーと&はあとライフサポート

訪問看護ステーション はーと&はあと

営業時間
【月〜金】8:30〜17:30
お気軽にお問い合わせください
072-624-8101

ごあいさつ

訪問看護ステーション はーと&はあとには、
経験のある優秀な看護・リハビリスタッフが揃っています。

ごあいさつ

訪問看護ステーションはーと&はあとは24時間対応、小児からターミナルまで在宅医療をさせていただく指定訪問看護ステーションです。
当ステーションでは、利用者様が住み慣れた家で、安心して生活できるよう私たちが寄り添い、また、食べるというテーマを掲げ、豊富な経験と知識、高度な技術をもとに口腔ケアや誤嚥予防の訓練など、幅広い視野で、利用者様に合ったサービスを提供させて頂く訪問看護ステーションです。

例えば、床ずれがなかなか治らない・食べるとむせる・食べる量が減ってきた等でお困りの場合には看護師が訪問させて頂き 原因をさぐり、症状に合った看護をさせて頂き、改善方向に導くという、方法でサービスを提供させて頂きます。

スタッフ紹介

山本 愛

管理者 山本 愛
看護師

管理者の山本愛と申します。私はこれまで急性期病院で12年間勤務してきました。呼吸器内科・消化器内科・整形外科・外来での勤務をしてきました。呼吸器内科病棟では肺炎や人工呼吸器の管理、消化器内科病棟ではターミナル期の看護、整形外科病棟では周手術期看護、外来では内視鏡検査看護、救急看護を中心に学んできました。
病棟で働いていた時には「家に帰りたい」との希望が叶わずに、病院でお亡くなりになる方にも沢山出会ってきました。その中にはサポートがあれば、家に帰るという選択肢もあったのではないかと思う方もいらっしゃいます。そして訪問看護の現場で働く今、住み慣れた家で病院にいるときのような安心を感じてもらえるように、信頼される看護の提供をしていきたいと思っています。信頼される看護に繋がるために、小さなことから丁寧に積み重ねていくことを大事にしています。また、利用者さまと関わるときに大切にしている“相手の話をしっかり聴く”ということをベースに、誠実かつ迅速に対応していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

石田 早紀

リーダー 石田早紀
看護師

初めまして。看護師の石田早紀と申します。2019年12月よりはーと&はあとで働かせて頂くことになりました。私自身、幼い頃から茨木で育ちました。大好きな茨木で働けることになり嬉しく思っています。
看護学校卒業後してから、15年間様々な病院の病棟・外来で勤務して参りました。泌尿器科・耳鼻科・消化器外科・小児科で働いていましたが、どこで働いていても「早く家に帰りたい。」「少しでもいいから家に帰らせてあげたい。」と患者様・ご家族様から話を聞くことが多かったです。
中でも印象に残っているのが、終末期の患者様で最後は自宅で過ごしたいと話されている方のことです。ご本人・ご家族とも相談し自宅に帰れるよう関係機関と協力し、早期に自宅に帰ることが出来ました。後日ご家族様が「最後に家族みんなで、家で過ごせて本当に良かった。」と病棟まで言いにきて下さり、住み慣れたご自宅で過ごすサポートが出来る訪問看護師になりたいと思うようになりました。
訪問看護は初めてですが、他職種とも連携し安心して安全にご自宅で過ごせるよう精一杯サポートして参ります。皆様に気軽に相談してもらえるような訪問看護師を目指し日々精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

中西 美香

中西 美香
看護師

訪問看護師の中西美香と申します。 病院で脳神経内科・泌尿器科・手術室・呼吸器外科内科・整形外科・脳外科と経験し、患者様の身内のような気持ちで、退院後スムーズにご家庭での日常生活に戻れるようにお話しをしっかり伺い、ご本人・ご家族が安心してご自宅に帰れるようにお手伝いしてまいりました。
この度、縁あって訪問看護のお仕事させていただくこととなりました。これからも医療の知識をいかしつつ、利用者様のあたりまえの日常をより自分らしく、安心して過ごしていただけるように、毎日の生活に小さな楽しみを持って過ごしていただけるようにお手伝いできればと思います。よろしくお願いします。

小田 泉

小田 泉
看護師

初めまして、看護師の小田泉と申します。私は鹿児島県の与論島という小さな島で生まれ育ちました。その為、小さいころから自然と多くの高齢者の方々に囲まれて育ち、私が看護師を目指すきっかけとなったのも近所のおじいちゃんとの関わりがあったからです。
看護師として働き、精神科の認知症の病棟や、整形外科、消化器外科、脳外科といった病棟での勤務を経験してきました。そのなかで入院中の患者様と疎遠になってしまうご家族との関わり方の難しさや、私たちと話すことで変化していく患者様の様子を目にし、人と人との繋がりが大切であると痛感しました。
また、退院していく患者様やそのご家族の笑顔を見て、自宅へ帰ることの喜びを感じるものの、退院後の不安を語る姿から、より安心して自宅で過ごすことのできる様に援助していく訪問看護という仕事に興味を持ちました。
訪問看護は初めてとなりますが、少しでも安心してその人らしい生活が送れる看護を行いたいと思います。今までの経験を活かして精一杯サポートさせて頂き、寄り添い、一緒に笑顔で過ごせるよう頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

徳井 歌慧

徳井 歌慧
看護師

初めまして看護師の徳井歌慧です。私はこれまで病院の血液内科・神経内科・小児科・眼科、保育園で勤務してきました。
私が小学生の頃、同居する祖母がパーキンソン病と認知症を発症し、母が自宅で介護をしていました。当時は介護保険制度が出来たばかりで、制度がよく分からない中、親身に話を聞き、手を差し伸べてくれたのがケアマネジャーと看護師でした。
私はその助けを目の当たりにし、看護師の道を目指しました。母も長い期間ほぼ一人で介護を頑張っていたため、この時本当に助けて頂いたと胸を撫でおろしていました。
今までの看護経験を活かし、次は訪問看護師として 「私の母と同じようにご自宅で頑張っていらっしゃる家族や利用者様のお力になりたい」 という思いで、新たに出発します。利用者様とご家族が、いつも笑顔で安心して過ごせるように、一番近くで寄り添いサポートできるよう頑張りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

東 綾

東 綾
看護師

初めまして、この度訪問看護ステーションはーと&はあとで働くことになりました、看護師の東綾と申します。これまで、病院の呼吸器内科、内分泌内科、眼科の混合病棟、リハビリテーション病院の脳神経内科、障害者病棟で勤めて参りました。
出身は、神奈川県横浜市です。私が看護師を目指したきっかけは、子供のころより皮膚が弱く皮膚科通いだったことや、小学2年生から6年生まで毎年骨折し、整形外科通いもあったことで、看護師に関わることが多く、いつしかあのような看護師になりたいと思うようになりました。
病棟看護師を経験した中で、退院後も継続してリハビリや薬剤管理・調整の必要な患者様がいることを実感し、在宅看護に興味を持ちました。また、夫の海外赴任に帯同した際に、現地で娘を出産し、産後3時間での退院が一般的な国でしたので、当日からクラームゾルフという産後ケア専門の訪問看護や地域のサポートを受けました。不安を抱えた新しい生活に少しの安心と困った時の絶大な心の支えとなり、在宅療養の有難さを身をもって実感しました。
訪問看護は初めてですが、今までの経験を活かして一日でも早く戦力になれるように努めます。利用者様とご家族様が安心して在宅療養できるよう、『相談しやすい』と親しみを持っていただけるような看護師を目指し、頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

三國 秀人

三國 秀人
理学療法士

初めまして。この度訪問看護ステーションはーと&はあとでご縁があって働く事になりました。理学療法士の三國秀人と申します。
こちらに来る前は病院に勤めており主に脳血管障害、整形外科、呼吸器内科の患者様を入院から当初から在宅まで幅広く従事していました。
以前の病院においても訪問のリハビリテーションをさせて頂いておりましたが、自宅退院をして間もなく、食欲の低下や運動能力の低下が見られ寝たきりになり再入院の患者様を何度も見てきて、このままではいけないと思い、一日でもご自身の自宅で健やかに生活の場面を支援したいと思いました。
私は、利用者様と一緒に、在宅にて良く食べて運動しリハビリテーションの視点から頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

片山 久美子

片山 久美子
理学療法士

初めまして、この度訪問看護ステーションはーと&はあとで働くことになりました、理学療法士の片山久美子と申します。以前は回復期リハビリテーション病院、特別養護老人ホームで勤めていました。
出身は和歌山県で高野山の麓に実家があります。私が理学療法士を目指したきっかけは、実家の祖父母にあります。高齢になっても大きな病気もせず、自宅で健康に穏やかに暮らしているのをそばで見ていて、一人でも多くの方が祖父母のように住み慣れた自宅でその方らしく過ごせるお手伝いをしたいと思ったからです。祖母は残念ながら今年の2月に98歳で他界しましたが、祖父は今年で103歳になります。顔をのぞきに行くといつも笑顔で迎えてくれるので、こちらが元気をもらいます。
リハビリでは歩行能力の向上だけでなく、日常生活動作練習や各動作に繋がるような運動療法を行ったり、ご自宅内で安全に過ごせる為の環境作りもお手伝いできればと思っています。私自身訪問リハビリは初めてですが、今まで勉強してきたことや経験を活かし、理学療法士として何かお役に立てればと思っています。少しでも日々の生活に変化をもたらし、笑顔で楽しくリハビリができるよう努めていきますので、よろしくお願い致します。

松元 裕作

松元 裕作
理学療法士

初めまして理学療法士の松元裕作と申します。私は生まれも育ちも沖縄県で、妻の出産を機に妻の故郷である関西に引っ越して参りました。関西に住むことはもちろん関西で働くことも初めてで、只今いろんな事を勉強中です。またコロナ禍に、この職場に出会えたことに感謝しています。暖かい土地から来たため冬はちょっと苦手ですが、空気の透き通るような冷たい空気に凛とした気持ちになります。
沖縄県にいた時は長年デイケアで勤め、高齢者と接する機会が多く、利用者様の中には転倒や病状の悪化で入退院を繰り返し、施設へ入所される方もいらっしゃいました。利用者様は長年住み慣れた家で、過ごしたいという方がほとんどで、支えておられるご家族も、仕事や予定がある中、生活と介護負担で疲労があるのも現実です。
利用者様、ご家族様のご希望に沿いながらご自宅で過ごせるようにサポートを行っていく訪問看護に魅力を感じました。これまでの経験を活かして、最善のサービスを提供できるよう努めて参りたいと思います。スタッフの皆さんと力を合わせながら、私自身もこの会社の一員として精進したいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

山﨑 友絵

山﨑 友絵
作業療法士

初めまして、作業療法士の山﨑友絵と申します。私はこれまで急性期の病院で勤務し、その間訪問リハビリも経験しました。結婚を機に大阪へと引っ越し、2021年3月よりはーと&はあとの訪問看護で働かせて頂くことになりました。
病院では、脳血管疾患による麻痺や高次脳機能障害、人工股関節置換術後や手の外科疾患等の整形疾患、廃用症候群やがん疾患の患者様に対するリハビリテーションに携わっていました。
何気ない会話の中で出てくる本当の気持ちを大切にしたいと関わらせて頂いていました。例えば、「無理だと思うけど、大したことではないけれど・・」という言葉の裏には「本当はこんなことがしたい、ちょっと困っている」という思いがあるのです。福祉用具等の利用や工夫をする事で、楽になったり、安全になったりする事もあります。訪問リハビリでは運動や日常生活の動作訓練の他にも、住み慣れたご自宅で安全に、より安心して過ごせる環境作りを提案させて頂けたらと思います。
どんな些細なことでも相談して頂け、利用者様やご家族様のご希望添えるリハビリテーションの提供と柔軟な対応ができるよう努めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

福田 朋子

福田 朋子
作業療法士

こんにちは。この度、訪問看護ステーションはーと&はあとでお仕事させて頂くことになりました、作業療法士の福田朋子と申します。以前は病院で主に急性期~回復期の方を対象に在宅に帰られるまでの援助を行っていました。また訪問リハビリでも勤務していました。
現在3人の子供がおり、今回5年ぶりの仕事復帰となります。今まで経験したことや、これからも新しい知識を取り入れていけるよう日々努めてまいりたいと思います。訪問リハビリでは体調・健康状態の観察、日常生活動作の訓練等を行っていきます。その中で利用者の方、ご家族様とのコミュニケーションを図ることはとても大切な事だと考えております。住み慣れた環境の中で安全に生活ができるよう、困っておられる事や工夫できる点を一緒に考えながら、お一人お一人に合わせたリハビリを提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

川部 泉

川部 泉
作業療法士

はじめまして。作業療法士の川部泉と申します。5月からはーと&はあとで働くことになりました。地元は茨木市です。結婚してすぐに夫の転勤で愛知県・千葉県に住んでいましたが、3年ほど前に大阪へ戻ってきました。地元で育児ができること、仕事ができることをとても嬉しく感じています。
今まで精神科の病院、療養病棟、デイケア、デイサービスと様々な場所で勤務してきました。千葉県ではヤクルトレディをしていたこともあります。訪問リハビリの仕事は初めてですが、他職種の方とも連携をとりながら、丁寧な仕事を心がけていきたいです。
どんなことを大切にしているのか、どんな生活を望んでいるのかなど、ご本人やご家族様とコミュニケーションをとらせていただきながら、お一人お一人に合わせたリハビリや、自宅で安心安全に暮らせるような環境作りのお手伝いをさせていただけたらと思います。「川部さんにだったら話しやすいわぁ」「川部さんと会えば元気になるわぁ」と感じていただける存在になりたいなと思っています。
今までの経験を活かしながら、でもブランクもあるため、また一からの気持ちで勉強もしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

田村 貴子

田村 貴子
言語聴覚士

はじめまして。2019年5月から訪問看護ステーションはーと&はあとで働くことになりました、言語聴覚士の田村貴子です。病院勤務で急性期から療養期までの主に脳血管障害の患者様に対して、言語訓練や嚥下訓練を13年近く行っていましたが、知的障害のある長女が突然難病にかかってしまい退職しました。休職中は、3人の子どもの子育てや脳梗塞で倒れた父親の介護で仕事の経験を活かすことができたと思っています。父の介護では訪問看護にもお世話になる機会があり、家族の不安な気持ちやできないことを助けて頂きました。セラピストの立場だけではなく、家族の立場でもいい経験をさせてもらっています。
今回、訪問看護で働くのは初めての経験ですが、病院を退院されてからのご家庭でのご様子に合わせたリハビリに関わらせて頂く事を楽しみにしています。利用者様やご家族様が日常生活で困っておられることを一つ一つ聞かせてもらいながら、少しでも過ごしやすくなるようにコミュニケーションや摂食・嚥下のお手伝いをしていきたいと思っています。初心に戻り勉強し直すつもりで頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

茨木 裕江

茨木 裕江
言語聴覚士

初めまして、茨木裕江と申します。私が言語聴覚士を目指すことになったのは、脳梗塞後に構音障害となり、在宅で生活していた身内との関わりがきっかけです。話すのがリハビリだといいながら一生懸命に話す姿を見る中で、言語のリハビリに興味を持ち言語聴覚士になりました。
養成校を卒業して8年間、病院、老健、特養に携わり、病院では摂食嚥下・言語のリハビリや嚥下造影を、老健、特養では摂食嚥下の評価や食事形態の調節に関わってきました。
特養で仕事をしていた時、嚥下機能が落ちたためお酒を飲むことができない入居者様に対して、栄養士がお酒のゼリーを作り、「おいしい」と言いながら食べている場面がとても印象に残っています。“食形態の工夫をすることで、お好きなものを食べることができる” 生きる力に繋がる「好き」を支えることが、やりがいに感じています。覚醒状態や嚥下評価をしながら、安全に食べていただくことを基本に介入してきました。
なかなか気持ちを伝えることが難しい方でも、好きな食べ物とわかると口を開けてくださる方々との出会いを得て、「最後まで食べたい」という気持ちを在宅で支えていきたいと思っています。このたび、はーと&はあとで初めて訪問リハビリに関わってまいりますが、今までの経験を活かしながら、在宅でのリハビリの形を利用者さんと共に作り上げていきたいと思っております。

生駒 久美

生駒 久美
管理栄養士

はじめまして。この度、訪問看護ステーションはーと&はあとの管理栄養士として、働くことになりました生駒久美です。
以前は介護老人保健施設に勤務していました。多くの利用者の生活に触れる中で「お腹が空く」「美味しいと感じる」「噛む」といった、あたりまえに思っていた食事にトラブルを抱えているケースが数多くあり、〝口から食べる事“の尊さを実感してきました。
食べることが難しくなった利用者に、食べていただくために何ができるのか?そう考えた時に、食べやすい大きさや硬さにすることはもちろんですが、起床時間、座席の配置、姿勢、食器等の食事を取り巻く環境も含めて整えることが重要だと考えています。
今までの経験を活かして、これからは施設・入院の先にある在宅生活のお手伝いをさせていただきます。皆さまと連携をとりながら、利用者・家族の栄養支援ができるよう、励んでいきたいと思います。