こんにちは!看護師の梅田です。
緊急事態宣言が解除になり新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」を取り組む様になり、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日は、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントについてお話します。

① 暑さを避けましょう。kanki_window_woman.png
・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
・一般的な家庭用エアコンは空気を循環させるだけで換気を行っていません。冷房時でも窓開放や、換気扇によって換気を確保しつつ、温度設定をこまめに調節する。
・涼しい服装にする。外出時、日傘や帽子を活用。
・急に暑くなった日等は特に注意する。

② 適宜マスクを外しましょう
・気温、湿度の高い中でのマスク着用は要注意。
・屋外で人と十分な距離(2ⅿ以上)を確保出来る場合はマスクを外す。
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動は避け、周囲の人との距離を十分とった上で、適宜マスクを外して休憩する。

③ こまめに水分補給をしましょう
・のどが渇く前に水分補給。
・1日あたり1.2リットルを目安に。
・大量に汗をかいた時は塩分を忘れずに。

④ 日頃から健康管理をしましょう
・毎朝など、定時の体温測定、健康チェックを行う。
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

⑤ 暑さに備えた体作りをしましょう
・暑くなり始めの時期から適度に運動をする。
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で運動する。
・「やや暑い環境」「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動をする。(水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施して下さい)

今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で、例年以上に熱中症に気を付けなければなりません。十分な感染予防を行いながら、熱中症予防にも心掛けて行きましょう。

T_IMG_0010.jpg
訪問先の利用者様宅のあじさい

こんにちは。新型コロナウイルス感染症予防の為、不要不急の外出自粛が続いていますが、皆さま体調はお変わりありませんか。今回はこの長引く自粛生活を虚弱にならずに元気に過ごすためにどのように過ごせばよいかお話しさせていただきます。

毎日を元気に過ごすためには規則正しい生活を送ることが基本ですが、特に気をつけたいのは「食事」「お口の健康」「運動」「人とのつながり」です。

1.「食事」
 ・朝・昼・夕 三食しっかり食べる
 ・多様な食品をバランスよく食べる
 ・筋肉のもととなる良質のたんぱく質を意識して摂る

2.「お口の健康」
 ・噛む力や飲み込む力を意識する
 ・意識して噛みごたえのある食品を食べる
 ・好きな歌を歌う
 ・新聞や本を声を出して読む
 ・早口言葉の練習をする
 ・歯磨きをして口の中を清潔に保つ

3.「運動」
 ・散歩に出かけたり、運動をする
 ・自宅の中でも座っている時間を減らす
 ・家の中の片付けや掃除をしたり、庭いじりをしたり、身体を動かすことを心がける
 ・テレビを見ながら体操や筋トレをする
  車いすの方や歩行が不安定な方は足踏みをしたり、かかとを上げたり、つま先を上げる運動をしましょう。痛みや体調に応じて動かすようにしましょう。

4. 「人とのつながり」
 ・家族や友人と電話で話したり、メールや手紙をやり取りして、励ましあいましょう

早口言葉1.jpg早口言葉2.jpg

長く自粛生活をしていると、気分が沈んでしまいがちですが、また元気に家族や地域の仲間と楽しい時間を過ごせることを想像し、虚弱にならない生活を心がけてください。

こんにちは、訪問看護師の中西です。今春は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、外出自粛もあり、桜の花をゆっくりと楽しむことなく過ごされた方も多いのではないでしょうか。
テレビでは新型コロナウイルス国内感染者が1万人を超え、有名で元気そうなタレントやスポーツ選手が感染されたとニュースが繰り返し流れ、恐怖に感じておられる方も多いでしょう。

新型コロナウイルス感染対策で①手洗い・咳エチケット②「3密」を避けてください③体調が悪い時は外出を控える、と言われていますが、今日はとくに高齢者として気を付けたいポイントをお知らせします。

1. 喫煙歴や糖尿病、心疾患など基礎疾患をお持ちの方は感染症が重症化しやすいので注意しましょう。
2. 感染しないために手洗いを中心とした感染予防を心がけましょう。
3. 感染を恐れるあまり外出を控えすぎて動かないこと(生活不活発)による健康への影響を知り、行動しましょう。

この中で特に生活不活発について、ずっと家に閉じこもり一日中テレビを見ていたり、ぼっとしていたり、食事もたまに抜かしてしまう、誰かと話すことも少なくなった・・・といった毎日を過ごし、気が付いたら身体や心の動きが弱ってしまう状態(虚弱)に陥ってしまいます。2週間寝たきりにより、失う筋力量は7年間に失われる量に匹敵すると言われているそうです。

修正_フレイル無料イラスト.jpg

虚弱が進むと体の回復力や抵抗力が低下し、疲れやすさが改善しにくくなります。また、感染症も重症化しやすい傾向にあります。

虚弱に陥らないために・・・
1. 動かない時間を減らしましょう:自宅でもできるちょっとした運動で体を守りましょう
2. しっかり食べて栄養をつけ、バランスの良い食事をしましょう
3. お口を清潔に保ちましょう:しっかり噛んで、できれば毎日電話などでおしゃべりをしましょう
4. 家族や友人と支えあいましょう

次回はこの方法を具体的にお知らせいたします。

三寒四温を実感する気温差のある季節ですが、皆様体調はお変わりないでしょうか。
連日コロナウイルスのニュースが流れており、一斉休業や不要不急の外出を控えるなど、日常生活にも少なからず影響が出ているかと思われます。そんな中、花粉症の私にとってマスク不足の現状がとても厳しいですが、マスク以外での予防でこの春は乗り越えたいと思います。その方法をいくつか紹介します。

1.    帰宅時に花粉を落とす!
外出すると衣服に花粉が付きます。家の中に花粉が入るとなかなか外に出てきません。家に入る前にしっかりと花粉を払いましょう。また、手洗い・うがい・洗顔で花粉を流すと効果的とされています。

2.    バランスの良い食生活を心がける!
免疫力を高めるためには、規則正しい食生活が重要です。暴飲暴食を避け、お酒やお菓子は控えめにして体に負担をかけないようにしましょう。

3.    適度な運動をする!
自宅でもストレッチをしたり、体を動かすなどして、体調を整えましょう。また、ツボを押すと症状緩和が期待されるとされていますので、一つご紹介します。

合谷(ゴウコク)
首から上の症状全般に効くので、鼻水・鼻づまり・目の痒みや充血など花粉症の様々な辛い症状の改善に効果が期待できるツボです。親指と人指し指の骨の付け根の合わさったV字になっている所にあります。片方の手の人指し指と親指で挟んで適度な力で揉んでみて
さい。
blpg1_3月ブログ 絵.jpg
今年は例年に比べて花粉の量が少ないと、耳鼻科の先生が仰っていましたが、症状がでると辛いですよね。出来る範囲で予防を行い、少しでも快適に過ごしていきましょう。