小山祐子のブログの最近のブログ記事

こんにちは。

カスタマーセンター 小山です。

9月に入りましたが、まだまだ日中は暑いですね。朝晩は涼しいですが・・・。

体調を崩しやすい時期ですので、体調管理はしっかりしたいものです。

さて、栄養指導先で、今年の春から栄養指導している患者様のおはなしです。

当初はHbA1cが10%越え、肥満症の患者さん。

栄養指導を機に、生活習慣を見直しされ、

食後のウォーキング、飲酒制限、食べる順番療法(野菜から食べる)に取り組むようになり、

HbA1cは基準値内に収まっていらっしゃいました。(体重も順調に減ってきていました)。

今回の栄養指導でも、行動変容を継続できていたら、栄養指導は一旦終了しようかな・・・と思っていたのですが、

2か月後にお会いしましたら、あら?少し丸くなったかしら?と思い、いざ体重計に乗って頂いたところ、

案の定、2Kg増加していました・・・。

原因を一緒に追究しますと、

地蔵盆等の地域の付き合いで、外食が続いた。それにより、飲酒量も増えた・・・

食後のウォーキングも、できていなかった・・・など。

原因がわかれば、改善もできます!

自ら「また気を引き締めて取り組みます」と仰っていただきました。

継続は力なり。

目標を公言し、共有することで、継続できる力が湧いてきます。

しばらくは、栄養指導も継続です。

本日の透析食

IMG_20170911_131914.jpg

八宝菜 野菜のフライ オクラと胡瓜の梅ドレッシング和え 春菊と人参の板麩あえ

571Kcal たんぱく質20.6g 脂質90.0g 塩分1.9g

★野菜はフライにすることで、カロリーUP。減塩にもなります。

はーと&はあとライフサポート 管理栄養士 小山祐子

こんにちは、カスタマーセンター小山です。

連日、暑い日が続きますね。

暑い日がつづくと、食欲が落ちます。 食欲がないと、食べられなくなり、体力も落ちていきます。

そうならないように、予防が大切になってきます。

・バランスのとれた食事

・こまめな水分補給

・適温を保つ(クーラーの使用、換気など)

・適度な運動

などなど・・・。

特に、「バランスのとれた食事」はとても大切です。

夏になると、「そうめんだけ」「お茶漬けだけ」・・・など、単品で、簡単なもので済ませてしまう方多くいらっしゃると思います。

炭水化物をエネルギーにするためには、おもにビタミンB1やB2、ナイアシンなどのビタミンB群が必要です。

これらのビタミンが不足している人は、体内で炭水化物をエネルギーにしにくい。よって、エネルギー不足になり、疲れやすくなります。

 

ビタミンB1を多く含むのは、豚肉全般(特にヒレ肉、モモ肉)、大豆、ピーナッツ、うなぎ、玄米など。

ビタミンB2を多く含むのは、かつお、さけ、さば、さんま、まぐろなどの魚、牛のレバー、バナナなど。

ナイアシンを多く含むのは、たらこ、豚レバー、牛のレバー、かつお、まぐろ、さばなど。玄米やピーナッツなど・・・。

 

食品には、様々な栄養素が含まれており、それを考えながら調理をするのはとても大変です。

簡単にできる方法として、食事は単品で済ませるのではなく、主食・主菜・副菜を食べるように心がけましょう。

主食(ごはん・麺・パンなど)、主菜(肉・魚・豆・卵など)、副菜(野菜・きのこ・海藻など)

3品が大変でしたら、丼や麺でも、使用している食品が多いものを選びましょう。

IMG_20170805_144107.jpg

先日、「かいけつゾロリ」展にいってきました。

マンガの世界って、たのしいですね。

一緒にいった子供(3歳)に、「どのラーメンがいい?」と聞いたところ、

ノーマルのラーメンが良いとの事・・・。 まだまだ遊び心がわかっていないようです(笑)。 

IMG_20170805_145143.jpg

カスタマーセンター管理栄養士 小山祐子

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

梅雨、そして台風の季節がやってきました。

夏場の水分補給、しっかりできていますか?

弊社では先日、「経口補水」について勉強会を行いました。

脱水による救急搬送は、成人よりも、高齢者・小児に多く、さらに重症化するのは高齢者と言われています。

成人の体内水分が60%に対し、高齢者は50%と低いのも原因といわれています。

また、水分は筋肉で保持されるため、筋肉量の少ない高齢者は脱水になりやすい。

さらに、口渇の訴えがすくなく、さらに、トイレに行きたくない、と水分摂取を控えている方も多くいます。

そこで、今回は脱水症の簡単なスクリーニング方法をご紹介します。

◆中指の爪部分を5秒圧迫し、解放します。 もし、2秒以上爪が白くなった状態がつづけば脱水の可能性あり。

◆手の甲の皮膚をつまみ、解放します。 もし、いつまでもつまんだ状態のしわが残る様なら脱水の可能性あり。

◆尿量が少ない。舌が渇いている。手足が冷たい。こむらかえりが頻発する。 などなど・・・

20170704_142833.jpg

今回、サンプルをいただきました。

さわやかなりんご味で、飲みやすかったです。普段飲みに最適です。

ゼリーはりんご味とゆず味です。 嚥下に心配な方は、とろみをつけるよりも、ゼリータイプがおすすめとのこと。

(とろみ剤の糖質が入ることで、バランスが崩れ、吸収速度がおそくなるとのこと)。

また、経口補水液を飲用する場合は、お食事とはわけて取るのが望ましいとの事でした。

(食事の水分で薄まってしまう。 起床時、寝起き、風呂上りなどお勧め)

本日の透析食(1食あたり) 600Kcal たんぱく質22.2g 脂質9.5g 塩分1.8g

20170704_132128.jpg

 米飯200g

 鮭のしそあんかけ 添え)大根おろし

 筑前煮

 ほうれん草のナムル

 きゅうりの酢の物

★献立の工夫★

●魚を唐揚げにすることで、カロリーUP。 しその風味で調味料を減らし、減塩。

●筑前煮は鶏肉を油揚げに変更し、たんぱく質量を調整。 粉飴でカロリーUP。

●その他、ごま油や酢を効かせることで、調味料を減らし、減塩。

管理栄養士 小山祐子

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

梅雨らしく、じめじめとしてきました。雨の日も続きそうです・・・。

高解像度無料イラスト-紫陽花

さて、弊社では、嚥下咀嚼困難な方へ、ご提案できる商品の取り扱いが多数ございます。

配食として、毎日お届け出来るお弁当形式タイプのTaBeLu+、TaBeLuソフトや、

必要量だけご注文いただける、常温商品、冷凍商品等も多数取り揃えています。

特に、嚥下咀嚼機能が低下されている状態ですと、退院後のお食事用意がとても大変です。

日々のご相談でも、よくお声を頂いております。

(実際に、毎食ミキサーにかけたり、とろみをつけたり、刻んだりは大変です)

是非、弊社へご相談ください。

ご本人様の状態にあったお食事のご提案&お届けをさせていただきます。

カンファレンスなどにも、参加させていただきます!!

★本日の栄養コントロール食★ 

透析食 627Kcal たんぱく質18.8g 脂質21.2g 塩分2.0g

米飯200g 揚げ鯖のおろしかけ なす含め煮 炒めなます 里芋とひじきの煮物 小松菜ソテー

青魚を使用し、揚げることでカロリーUP。炒めなますに、粉飴を使用しカロリーUPしています。

野菜類はカットを細かめにし、ゆでこぼしをすることで、カリウムをある程度除くことができます。

20170620_133117.jpg

カスタマーセンター 管理栄養士 小山祐子

こんにちは。カスタマーセンター小山です。

日中は、日差しが暑くなってきました。

長時間、日光にあたっていると体力も落ちてしまいます。

こまめに、日蔭や休憩を交えながら過ごしたいものです。

さて、はーと&はあとでは、脱水予防対策として、OS-1をご案内しております。

脱水は男性よりも女性、若い人よりも高齢者に起こりやすいと言われています。

脱水の主な症状としては、「元気がない」「めまい」「吐き気」「発熱」などです。

経口補水液は、水分と電解質をすばやく吸収されるように一定の濃度に溶かした飲料です。

(決して薄めたりしないでください。効果がなくなります)

1日あたり500ml~1000ml(学童~高齢者)が目安です。

脱水になる前に、こまめな水分補給を心がけましょう。

(食事療法をされている方はご利用前に、担当医師、栄養士にご相談ください)。

20170606_140431.jpg

はーと&はあとの透析食をご紹介。

20170606_130307.jpg

献立:米飯200g・マーボー豆腐・大根のキンピラ・春雨炒めです。

622Kcal 蛋白質21.4g 脂質15.4g 食塩2.0g。

キンピラに粉飴を使用しカロリーUPしています。

春雨は、たんぱく質含有量が低く、容易にカロリーUPできます。

カスタマーセンター 管理栄養士 小山祐子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子