柴田満里子のブログの最近のブログ記事

こんにちは。
サロン管理栄養士 兼 生活相談員の柴田です。

各地で紅葉も始まってきましたね。
サロンの室内も、秋真っ盛りです。

010782aeb00ed54c9662be7cd081a8f6b8cd6b9e68.jpg

柿や栗は新聞紙でできています(見えるでしょうか?!)

01cd50537869e380d0b44c6a85e4b2aa6e974be13f.jpg

サツマイモは、本物と見間違える人がいるほど
本物に似ています♪

さて、少し前の事ですが、
10月の外出レクリエーションの報告を致します。

10/16~20にかけて、大阪のホテルグランビアに行き、
ランチバイキングを楽しんできました!!

"大阪のホテル"という響は、一部の利用者様にとってはとても魅力的なのか、
お洋服を新調されたり、普段は外出したくないけどホテルなら行こうかな
、という方もいらっしゃいました!!

普段なかなか外出する機会の少ない利用者様を外に連れ出す絶好の機会でした。

私は、普段はTaBeLuソフトを召し上がっており、サロンでも食事の前後など

吸引が必要な方も一緒に行くことになったのですが、

他のスタッフから食べられそうなものがあるか確認しての当日。

食べられるものがあるのか不安なバイキングを訪れました。

食事前に吸引もして、横にはスタッフもついて食べる準備万端!

まずは、ニンジンのポタージュから召し上がっていただきました。

その他、パンやカツオのたたき、マカロニグラタン、白身魚のお料理、など

末藤さんや看護師、また私自身も味見をして硬さを確認しながら召し上がっていただきました。

最初は、なるべく小さく切って、ゆっくりと召し上がっていただこうと思っていたのですが、

いつもの様子からは考えられないほどのスピードでお皿のお料理を召し上がりました!

すごい食欲でした!!

アイスやケーキなどのデザートも召し上がり、最後に食べたいものはありますか?

と訊ねると、ステーキを指さしたのです!

しかも、「このお肉は少し硬いね...」と看護師と話をしていた硬めのお肉です。

今回のランチの一番の目玉料理で、おいしそうでいい香りがしていたので、

食べたいと思われたのでしょう!

この硬さは無理かな...とあきらめようと思いましたが、

看護師と相談して、小さめに切って食べてもらいました。

多少むせこむこともありましたが、無事食べられ、

おいしいと笑顔を見せてくださいました。

いつもTaBeLuソフトを召し上がっている姿しか見ていない私は

この方はこんなに食べる力を持っているのだと、衝撃を受けました。

やはり、食べたい!という気持ちは、

唾液の分泌を促し、姿勢も正され、

いつも以上に嚥下する力もアップするのだなと感じました。

この方をバイキングにお連れすることができて本当に良かったです!

他のご利用者様も、この方に負けじとお腹いっぱい召し上がりました!!

皆さまの食べる力、生きる力を見せていただき、私も元気をもらいました。

ご利用者様をお手伝いしながらですが、私もランチを満喫させていただき、

今回の企画に感謝です(^_-)-☆

016aa919f33f29b5f25a1a1d5ae47dfefd720474b6.jpg

01e6e37cb4e368433bc85819b046b78b86b741d52e_00001.jpg

11月は紅葉を見に外出します。

紅葉を見る前に、皆さまとの外食もしますよ!

お楽しみに~!!

サロン 管理栄養士 兼 生活相談員

柴田満里子

こんにちは。

サロン管理栄養士 兼 生活相談員の柴田です。

10/4は中秋の名月でしたね。

皆さんは、綺麗な満月を見ることができたでしょうか?

私は自転車に乗りながら、きれいな満月をみて帰りました。

お月見と言えば、お団子ですね。

高齢になると、飲み込む機能が低下し、

のどに詰めやすいと言われるお団子やお餅は
召し上がらない方も多いかと思います。
サロンでも、おやつなどでお餅類を出すことは少ないのですが、
今回は、おやつレクとして、お団子作りを行いました。

材料は、白玉粉と上新粉が混ざった団子の粉と、絹ごし豆腐。
混ぜて丸めて、茹でるだけです。
タレはみたらしとこしあんを。
みたらしのタレも手作りをして、
オリジナルの味でいただきました♪

少し飲み込みの悪い方には、豆腐の量を増やして、
より柔らかくしたものを、

さらに飲み込みの悪い方には
豆腐テイストの栄養補助食品にみたらしソースをかけて

召し上がっていただきました。

普段TaBeLu ソフトを召し上がっている方でも、

可能な方は、柔らかいお団子を、小さく切って、
ゆっくりとお口の中で咀嚼しながら
召し上がっていただきました。

飲み込みが悪い方にやわらかいものと、少しコシのあるものを選んでもらうと、
コシのあるお団子を好むという意見が多かったです!!
やっぱり、食感は、美味しさに直結するのだなと感じました。

お団子を作る時によく使う粉は、白玉粉や上新粉、片栗粉があり、
それをメーカーが独自に混ぜて「団子の粉」や「もち粉」という
呼び名で販売しています。
白玉粉は、もち米が原料で、柔らかくもっちりとした歯ごたえになります。
上新粉はうるち米が原料なので、コシのある食感になります。

白玉粉は柔らかい求肥のイメージ、
上新粉はべこ餅のイメージと言えばわかるでしょうか。

上新粉よりも白玉粉や片栗粉の割合が多いほうが柔らかく
歯切れがよいものができて、ご利用者様にとって

食べやすいお団子ができると感じました。

今回のレシピでは、豆腐を混ぜて作っています。

豆腐を混ぜて作ることによって、冷めてもやわらかいお団子ができるだけでなく、

たんぱく質もアップするので、お勧めですよ♪♪

01db50016049f52733118ef33f10de52a5f15c2fa1.jpg

写真 2017-09-27 14 03 29.jpgDSC08188.JPGDSC08246.JPG

サロン管理栄養士 兼 生活相談員

柴田満里子

こんにちは。
サロン管理栄養士 兼 生活相談員の柴田です。
9月に入り、朝晩が冷え込むようになりましたね!
寒暖の差で風邪をひかないように気をつけましょうね!

さて、こちらは、サロンの9月の壁画です。
01d04aba3282abe56ab76b86a6751ebf158242a2a0.jpg
満月に映るウサギの餅つき とお団子とすすき。
個人的に、今までの中で、一番素晴らしい出来だと思います!!
利用者様からも、大絶賛です。

お団子をみたら、お団子食べたくなった!!
とのご意見もいただいたので、
9月末に、お団子を作るレクリエーションを
企画したいとおもいます☆
お楽しみに...(^^)

さて、管理栄養士兼生活相談員として担い始めて

約1か月が経過しました。

食事介助をする機会も増え、自力摂取が難しい方への

介助の仕方やその方独自の食べ方など、少しずつ把握してきました。

現時点で、サロンには全介助をしなければ食べられない方はいらっしゃらないのですが、

一部を介助する必要がある方に対しては、

姿勢をどのように保つか、

どのタイミングで介助に入るかによって、

むせ方や食事摂取量に多少なりとも影響があるのかなと感じています。

今日食事介助をお手伝させていただいた75歳男性の方。

TaBeLuソフトを召し上がっています。

調子が良い時であれば、全量自力摂取ができるのですが、

今日は食事前からウトウトされていて、食事が運ばれてきても、全く手を付けられませんでした。

一度30分ほど寝ていただいて、再度食事を開始。

それでも、自身では食事を食べ始めませんでした。

食事を食べる意思はあったので、今日は、私が全介助で全量摂取できました。

が、喫食時間は50分程度。

食事前に、もっと休息時間を取るように取り計らえばよかったと反省です。

しかし、おそらく介助の手が足りなかったら、今日は全量摂取できなかったと思います。

しんどいなか無理やり食べさせていないかな?と

途中何度も声をかけましたが、最後まで「食べる」という意思がありました。

だから、最後まで食べてもらえてよかったです!

喫食時間を短く、そしてご自身で召し上がるための配慮は

もっとできると思うので、多職種の方も含め、

皆で考えていけたらなと思いました。

サロン管理栄養士 兼 生活相談員

柴田 満里子

おはようございます。

サロンの柴田です。

ベランダのトマトです。


IMG_3981.JPG
わずかにしか実はなっていませんが、甘く美味しく育っています(^^)

さて、ここでご報告です。

今までは、管理栄養士 兼 介護職員でしたが
この度、管理栄養士 兼 生活相談員を
させていただくことになりました。
よろしくお願い致します。

主に利用者様への栄養のアセスメント、
食事中の見守りや介助、
口腔ケアの補助 などを通して
食べる事を支える存在になれたらと思っています。

約二年間介護という仕事を通して
管理栄養士として勤めていたらわからなかったであろうことを
たくさん学びました。
要介護高齢者は何を不安に感じ何を求めているのか。
身体や心はどのように移り変わっていくのか、

まだまだ分からなことだらけではありますが、
引き続き末藤さんや多職種の方々と協力しあって
利用者様にできることを考えていきたいと思っています。

改めて、これからもよろしくお願い致します!

8/8~8/10は、はーとの夏祭りです!

射的や綿菓子、かき氷づくり
01cf88862ac5a847dca38b3f83532fa2ecac7b7106.jpg

010631c2b3157b0243ee93a5a9308bfd62e21f154e.jpg

恒例の炭坑節も、力が入っています!

0198753d96149ef25ce3f0f2fb8cde47b369121659.jpg

柴田満里子

こんにちは。

サロン管理栄養士 兼 介護職員の柴田です。

暑いですね~!

暑くなると、アイスが食べたくなりますよね!?

利用者様からの声もあり、

7/10~12日のおやつ時に、利用者様と一緒にパフェ作りをしました~!

フルーチェ、コーンフレーク、アイス、バナナ、ミカン缶、カステラ、生クリームを

皆さんで作り、各自で盛り付けました。

咀嚼困難な方には、コーンフレークは抜かし、その分はカステラで対応しました。

作業を3つの工程に分け、お手伝いしていただきました。

1つ目のテーブルでは、フルーチェ作り。

男性陣を中心にお願いしました。

ボールに入れて、牛乳を入れて混ぜ、カップに分け分け...

そのカップにコーンフレークを分けてもらいました。

男性陣は、不慣れながら、一生懸命にお手伝い。

「こんなんは、女性の仕事や~」など言いながら、

上手に作業してくださいました!

2つ目のテーブルでは、カステラを切る工程を。

やや介護度の高い方を中心にお手伝いしていただきました。

カステラの紙をはがしたり、6等分に切ったり、

人数分のお皿に分けたり...。

わずかな作業ですが、皆さん上手にしてくださいました!

3つ目のテーブルでは、バナナ切り、ミカンの用意、

そしてそれを人数分に分ける作業を。

こちらは、要支援の方を中心に、お手伝いしていただきました。

バナナの切り方は?こんな風に切ったらきれいかなあ?など

色々と意見がでました。

さすが皆さん、包丁さばきもお手の物。

もう終わり?と、まだまだやり足りない様子でした。

材料がそろうと、各自で盛り付けです!

各々、アイス、生クリーム、チョコソースなど・・・

仕上がりは、こんな感じです(^_-)-☆

IMG_3891.JPG

たくさんの利用者様においしい~!と言っていただき

とてもうれしかったです☆

3日間行ったのですが、

私たちの段取りも、利用者様の動きも

徐々にレベルアップしていました(^^)/

このようなおやつ作りも、私たちスタッフが手を貸せば

すぐにできることも多いのですが、

なるべく利用者様に参加していただき、

それを生活リハビリの一環としてしていただければと

思っています。

麻痺があって、包丁はできひん とおっしゃる方もいましたが

スタッフがお手伝いしながら、

ご自身のできる方法で、できることをやってみること、

そして、できたことを自信につなげることができればいいなと

思っています。

次回のおやつレクでは、リハビリスタッフとも打ち合わせを強化して

誰に、どんなことをしていだだくか、リハビリ計画と関連付けて

実施していきたいと思います(^^)/

サロン管理栄養士 兼 介護職員

柴田満里子

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子