相山華菜のブログの最近のブログ記事

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

    

暑い日が続いていますが、みなさんお盆はいかがお過ごしでしたか?

私は実家へ帰省し、家族や友人と楽しくのんびり過ごしていました。

まだまだ残暑も厳しいですが、今年の夏もあと少し、乗り切りましょう♪

          

今回は「糖質オフ商品」について。

人間に必要とされている3大栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質が主な栄養素です。

その中でも炭水化物から食物繊維を引いたものが「糖質」とされています。

みなさんも慢性的に糖質の摂りすぎは、太るなどのイメージを持っておられると思います。

糖質は、たしかにとりすぎると血管を傷つけます。

しかし、脳を働かせる大切なエネルギー源でもあります。

疲れた時や、ストレスがたまったときは、糖質が多いアイスクリームや、飴、チョコレートなどを食べるとホッとしますよね。

私はアイスクリームが大好きで年中食べますが、やはり職業柄 栄養基準表示を見てしまいます。

最近は、スーパーやコンビニエンスストアで糖質オフ商品、カロリーオフなどの商品をよく目にします。

上手に取り入れて、糖質補給をしたいと思います。

先日、近所のコンビニエンスストアで糖質オフ消費品を大人買いしてみました。
   
みなさんも、糖質をとりすぎたときはぜひ置き換えをしてみましょう♪

    image1.JPG 

はーと&はあと 管理栄養士 相山 華菜

 

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

  

今日、朝のニュースで関東、東海も梅雨明けしたとのニュースを聞き、朝からテンションあがっております。

いよいよカラッとした夏本番になるのだなあと!

   

そんな今日、72歳 男性 独居のご自宅に初回面談に行ってきました。

かかりつけ医の病院で、いきなり一度検査入院したほうがいいのではないか?と言われ、わけもわからずとりあえず入院してみた。とくに、痛くもかゆくも腫れもなく症状がないから自分は病人ではない!

入院して、初めて腎臓が悪いと告げられまだ受け入れはできていないと元気にお話されました。

    

教育入院で栄養指導もあり、そこではーとを紹介してもらったとのことで電話をいただきました。

腎臓の食事ってむずかしんだな~退院して、なにを食べたらいいのかだめなのかもわからなくって・・・

男で一つで娘を育ててきて、食事も家事もなんでもできる!でも、配食サービスに頼ってみると。

しばらく暑いので、昼食・夕食おまかせください!

涼しくなったら、昼は配食と同じ味付け・分量でご自身で用意しましょう!とお話してきました。

    

カリウムのお話も病院で受けてこられていましたが、朝に果物50%、野菜汁50%のジュースを飲んでおられました。

弊社で、一般のジュースと比較してカリウムを95%カットしたりんごジュース、野菜ジュースがあるのでオススメし購入されることとなりました。 

腎機能数値が維持できるように全力でサポートしたいと思います。

  IMG_5924.JPG  

糖質控えめ、厚揚げの納豆ピザ作ってみました。なかなかおいしかったです。

     

はーと&はあと 管理栄養士 相山 華菜

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

  

九州では梅雨明けし、京都の梅雨明けはまだなのに快晴で32.9°・・・かなり暑いです。

屋内外にいても熱中症、脱水症状になるので夏バテ防止の食材を食べて夏を乗り切りましょう!

       

先日、名古屋に行ってきました。

名古屋名物のみそ煮込みうどん、味噌とんかつ、名古屋コーチンを食べてエネルギーチャージしてきました。

名古屋名物として、手羽先、ひつまぶし、きしめん、エビフライ、小倉トースト、ういろう、あんかけスパ、台湾ラーメン、天むす、カレーうどん、どてに、味噌おでん・・・

  

名古屋の料理には味噌を使ったり、香辛料などたっぷり使ったりと、名古屋独特の食文化があるみたいです。

味が濃いものが多いので、夏のごはんがすすみそうです。

ちなみに、私は夏バテで食欲が落ちることがありません!

いっぱい水分を飲んで、大好きなアイスを食べて体重も増加傾向にあるので気を付けたいです。。

   

今回は、制覇できなかったですが、いろんな地域の名物を食べ歩き、食文化を学びたいです。

↓名古屋城の中も見学し、社会勉強もしてきました!

     

      名古屋城.JPG

はーと&はあと 管理栄養士 相山 華菜

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

    

6月も後半!

どんどん暑さが増してきていますが、みなさん夏バテになっていませんか?

梅雨時期でジメジメするかと思えば快晴で、私は夏が苦手です・・・

そんな季節ですが、スタミナ食材を食べて、夏を元気に乗り切りましょう!

   

さて今回は、6月の旬の食べ物について★

6月の旬の食べ物

アスパラガス、ピーマン、いんげん、枝豆、にんにく、しそ、きゅうり、ししとう、おくら、梅、さくらんぼ、あじ、あなご

そのなかで、今回は4月~6月の旬の食材「アスパラガス」!!

主な産地は、北海道、長野、佐賀

アスパラガスは、主にβカロテン、ビタミンC、食物繊維を豊富に含みます。

穂先には、毛細血管を丈夫にする働きを持つルチンが多く含まれており、動脈硬化や高血圧予防に効果的です。

また、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が多く含まれており、新陳代謝を促すとともに、たんぱく質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復に効果的な野菜です。

      

★おいしいアスパラガスの選び方★

・穂先が締まっているもの

・縦の筋が目立たないもの

・茎がまっすぐでしっかりしたもの

・濃い緑色のもの

   

★保存の仕方★

・濡らした新聞紙に包んで袋にいれ、冷蔵庫に立てて保管

(横にして保存すると、上にのびようとして穂先が曲がってしまう)

・硬めに茹で水気を切り、フリーザーバック等で冷凍保存も可能

         

☆からだにうれしい食べ合わせ☆~バランスよく栄養をとるために~

◆アスパラガス+豆腐

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、豆腐の主成分であるたんぱく質の代謝を助けます。

たんぱく質は体をつくる栄養素であり、丈夫な体づくりにおすすめの組み合わせです。

◆アスパラガス+パプリカ

アスパラガスに含まれるルチンには、ビタミンCの吸収を助ける効果があります。

パプリカにはビタミンCが含まれており、日焼けをしてしまいがちな時期のお肌に最適な組み合わせです。

◆あさり+えび+たまねぎ+にんにく

あさりとえびに多く含まれるタウリンは栄養ドリンクにも含まれている成分で、肝臓を強くする、血圧が上がるのを防ぐ、スタミナアップ、疲労回復などに効果的です。

また、タウリンには血管を強くする働きがあり、たまねぎ、にんにくに含まれる硫化アリルの血液をサラサラにする効果と合わせ、動脈硬化の予防が期待できます。

  

暑くなってきて、調理で火を使いたくないときはレンジを上手に活用にして火を使う時間を短くし、暑い季節をのりこえましょう!

   

はーと&はあと 管理栄養士  相山 華菜

 

こんにちは 京都 管理栄養士 相山です。

とうとう今週、関西も梅雨入りしましたね。

じめじめ、夏場は食中毒になりやすいので、みなさん気を付けてくださいね。

    

先日訪問した103歳女性(介護1)のお話です。大きなお家に娘様とお住まいです。

今回のご依頼は、めまい、食あたり?で入院され食欲も急に落ちてしまったけれども、体調ももどり退院となったが心配なので一度訪問してほしいとケアマネージャンさんからのご紹介。

娘様と連絡をとり、昼食のご様子を見せていただくこととなりました。

   

訪問すると、食卓でおいしそうな食事を並べ、待っててくださいました。

食事は、おかゆ(女性茶碗1杯)、冷しゃぶサラダ(豚肉、レタス、トマト)、青菜の煮びたし、お豆腐、梅干し、のりつく、おじゃこの味噌佃煮。   

食材の彩、バランスよくとてもおいしそうでした。(すこし塩分がきになる・・・)

下の歯は、すべて自分の歯で上は奥歯のみであとは入れ歯。

とくに食材を細かくしなくても、なんでもおいしく食べられるとすごくおいしそうに召し上がられ完食☆

   

こんなにしっかり食べられたら大丈夫!!!

昨日、ケアマネージャーさんが訪問された日は退院日でベット上で食事も召し上がられていたとのことでしたが、やっぱり住み慣れたお家で娘様と一緒に過ごす環境はとてもよく食欲も一気にもどってこられたようです。

病院では、食事もなかなかはいらず栄養補助食品もでていたと聞いていました。

    

食事もしっかりと食べられているようなので、しばらく様子をみることとなりました。

これから、デイサービスも通われる予定なので体重が減ったり、また食欲が落ちてしまったときはまたお手伝いさせていただきたく思います。

血圧と水分管理のお話もしてきました。

昔のお話などいろいろとお話してくださり、一日ほっこりした気持ちで過ごせました。 

        

はーと&はあと 管理栄養士 相山 華菜

  

このブログを購読する

管理栄養士プロフィール

  • 山村 豊美
  • 大都 宏子
  • 島田 天心
  • 松政 千佳子
  • 柴田 満里子
  • 小山 祐子
  • 金成 なつみ
  • 六波羅 美幸
  • 末藤 浩平
  • 仲野 ひとみ
  • 相山 華菜
  • 原田 靖子
  • 徳山 沙紀子