この度、『訪問看護ステーションはーと&はあと』は、10月1日をもって、4周年を迎え5年目に入りました。

4周年を迎えられたのは、ひとえに皆様のおかげと、心から感謝しております。今までも、これからも「利用者のニーズに応えること」を大切に進んでいく所存です。

当ステーションが考える利用者とは「訪問看護が必要な方」「ケアマネージャー」「先生」「医療機関」と考えています。これらすべての方のニーズを的確に把握し、期待に応え続けるために、欠点は素直に認めて恐れず正すこと、良い点は強化することを意識しています。良いことも偶然起こるのでは意味がなく、いつでも再現できるようになってはじめてプロの技といえると思っています。というと、さもできているようですが、まだまだその境地に至るまでは長い道のりだと思います。ですが【目指さないことには決してたどり着けない】と肝に銘じ、日々実直に仕事に取り組んでいきます。

5年目の「訪問看護ステーションはーと&はあと」も、変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い致します。

管理者 山本愛

ブログ画像 2021.10.8  山本 【加工版】.png

暑い季節は、汗も多くかくため不潔になりやすく、入浴困難な方もいらっしゃいます。そんな方に、訪問看護で実践している、ベッド上でもできる洗髪方法をご紹介します。

 ○紙おむつを使っての洗髪方法

【利点】

・  最近の紙おむつは、大量の水分を吸収してくれます。

  洗髪に使用される水量でも問題ありません。

・  準備、後片付けが簡単。

・  短時間で可能。

・  呼吸困難のある人で、上体を少し起こしたままでも出来る。

【欠点】

・  紙おむつのコストが高い。

・  紙おむつを頭にあてることに抵抗がある。

 【準備物品】

●洗髪物品画像.pngのサムネイル画像

ビニールシート1枚/バスタオル1枚/タオル1枚/フェイスタオル1枚/紙おむつ/

シャンプー、リンス/ペットボトル2~3本/ブラシ/耳栓綿球2個/ドライヤー

※   綿球はなくても問題ありません。

紙おむつは、半分に切らずに使用しても構いません。

【手順】

  1. 膝を曲げ、膝下に枕や座布団を挿入し、安楽を保つ。
  2. 頭部から肩の位置にビニールシート、バスタオルを敷く。紙オムツを利用者の襟元に置く。
  3. 襟元にパットを巻き、両耳に綿球を入れる。

   ※フェイスタオルで顔を覆っておくとお湯がかからなくて

    良いかもしれません。

  1. お湯を髪全体にかけ濡らす。シャンプーを手掌で伸ばして髪全体につけ、よく泡立て洗う。

   ※シャンプーはリンスインタイプのものだとお湯が少なく

    また利用者の負担も少なくなるため良いかも知れません。

  1. 洗い終わったら、タオルでシャンプーの泡を拭き取る。お湯を少量ずつ流しながら十分にすすぐ。

   ※片手をお椀のような形にし、お湯を手に溜めながらパシャパシャ

    と洗うと効率よくすすぐことが出来ます。

  1. すすぎ終わったら上に重ねた半分の紙オムツを取り除く。
  2. 髪の水分をきりマッサージするようにリンスをして、洗い流す。
  3. 両耳の綿球、フェイスタオル、紙オムツを取り除き、バスタオルで髪の水分を拭き取る。
  4. ドライヤーで髪を乾かしブラシで整え、バスタオルとビニールシートを取り除き、体位を整える。

様々な工夫により、清潔を保ちたいという人間の基本的欲求を実現することができます。洗髪ケアをさせていただくと、みなさん「あぁ~気持ちいい!ありがとう。」と笑顔になられます。

●洗髪イラスト.pngのサムネイル画像

身体を綺麗にすることは、感染などのリスクを下げることだけではありません。ケア中の他愛のない会話から、利用者様の考え方や想いを知ることができます。良い関係を築くためのコミュニケーションを大事にしていきたいと考えています。

これからも、多くの利用者様を笑顔にできるよう、看護ケアの質向上に努めます。

当ステーションは、大阪府ステーション協会の会員で、三島ブロックに属しています。ブロック内で、様々な委員会があり、そのうちの一つに災害委員があります。2018年の大阪北部地震時に、在宅人工呼吸器装着患者が一斉に救急車を呼び、大混乱となったことをきっかけに「在宅人工呼吸器装着患者における自助の備えの重要性」が叫ばれるようになりました。今後同じことが起こらないように、各ブロックに拠点ステーションが設けられ、災害時にも対応できる仕組みづくりに取り組んでいます。

 <三島ブロックの今年度の拠点ステーション>

高槻市:北摂総合病院訪問看護ステーション

               みどりが丘病院訪問看護ステーション

茨木市:アクティブネットワーク訪問看護ステーション

                訪問看護ステーションはーと&はあと

                上記4ステーションで活動しています。

 拠点ステーションの役割の一つに、発電機の管理・指導があり、年に2回発電機体験研修を開催しています。当ステーションは7月に、発電機体験研修を開催しました。当ステーションから5名と、他ステーション管理者1名の計6名が受講し「発電機使用方法受講証明書」を無事に取得することができました。

発電機研修.bmpのサムネイル画像

地域の方が安心して暮らせる一助となれるよう、これからも尽力していく所存です。個々の訪問看護の力を合わせることで、地域を支える大きな力になれると思っています。そのためにできることを、災害委員として精一杯努めたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

発電機研修2.bmp         発電機研修3.bmp

 

夏は気温が高くジメジメしているため、運動を敬遠する方も多いのではないでしょうか。

実は運動不足は夏バテの原因の一つなのです。
夏バテ対策のための運動といえば、「ウォーキング」です。

日中の日差しの強い時間帯は避け、朝か夕方の涼しい時間帯に行いましょう。

こまめな水分補給も心がけて下さいね。

(汗をかく場合は、電解質を含む飲料がお勧めです)

 ウォーキングを行う目的のほとんどは、足腰を鍛える・体力の向上です。

重りを付けてウォーキングを行う事で、同じ距離でも、「下肢の筋力アップ」の効果を得られます。

【ウォーキングで使う重りの選択】

注意点としては、重さです。足首には約500g~1kgまで手首は250g~500gまでが目安です。

付けていて、少し重い感じがするかな程度です。

重すぎると足の各関節の痛みを誘発してしまうリスクがあります。

 快適歩行速度で歩いても、普段の姿勢を崩しやすいということです。

また、崩した姿勢でのウォーキングが習慣化する可能性があります。

「腰部疾患」や「変形性の股関節症・膝関節症」へとつながり易くなりますので、注意しましょう。

ご自身のペースで、日常に運動を取り入れ、猛暑も心地よく過ごして下さいね。

●三国さんウォーキング イラスト.jpgのサムネイル画像