毎日の健康管理にお役立てください。
BLOG 走れ!9人の管理栄養士
社長の対談コラム
Healty Kitchen
はーと&はあと
衛生管理について(京都大阪)
食事療養のポイント
病状毎の食事療養のポイントをご紹介
  • 糖尿病
  • 糖尿病性腎症
  • 脂質異常症
  • 脂肪肝
  • 高血圧
  • 脳血管疾患
  • 肥満症
  • 肝臓疾患
  • 透析治療中の方
  • 潰瘍
  • 慢性膵炎
  • 胆嚢炎
  • 腎臓病
  • 心疾患
  • 嚥下障害
はーと&はあとの理念につながる共感の輪

食種栄養価一覧表

2008.10.1現在
食種   エネルギー
(kcal)
蛋白質
(g)
脂質
(g)
塩分
(g)
カロリー調整食
(糖尿病、肥満症等)
  1200 50 20~25% 7~8
1400 55 7~8
1600 65 7~8
1800 75 7~8
カロリー脂質調整食
(脂質異常症、脂肪肝、
 肥満症等)
  1400 55 7~8
1600 65 7~8
1800 75 7~8
塩分調整食
(心疾患、
 脳血管疾患等)
1400 55 5~6
1600 65 5~6
1800 75 5~6
塩分・蛋白質調整食
(腎臓病、透析等)
A 1400 40 25~30% 7
1600 50 7
1800 55 7
1400 40 5~6
1600 50 5~6
1800 55 5~6
B 1400 45 7
1600 55 7
1800 65 7
1400 45 5~6
1600 55 5~6
1800 65 5~6
蛋白質・脂質調整食
(肝臓疾患、膵炎、
 胆嚢炎回復期等)
  1400 60 20~25% 7~8
1600 70 7~8
1800 75 7~8
2000 80 7~8
脂質制限食
(慢性膵炎、
 慢性胆嚢炎等)
  1400 50 25g 7~8
軟菜食
(胃切除、潰瘍
 OP回復期等)
  1600 65 20~25% 7~8
カロリー・塩分・
蛋白質調整食
(糖尿病性腎症等)
1400 40 25~30% 7
1600 50 7
1400 40 5~6
1600 50 5~6

※1脂質は総摂取エネルギー量に対する比率で表示しています。脂質制限食においては総摂取量で表示しています。
※2塩分調整食Ⅰは1食あたり塩分2.5g以下、塩分調整食Ⅱは1食あたり2.0g以下となります。

詳しい指示量については、かかりつけ医にご相談ください

ページ上部へ戻る